ファイナンシャルプランナー(FP)

就・転職、キャリアアップに!
(企業内FP)

資料請求(無料)

就・転職の前にFP資格を取得し、アピールに!

就・転職の前にFP資格を取得し、アピールに!

ファイナンシャルプランナー(FP)の知識が求められる業界は、金融・不動産・保険・住宅メーカーなどさまざまです。これらの業界の営業部門のほか、人事や総務部門での活躍が可能ですし、入社後FP資格の取得を推奨する企業も多いため、入社前に取っておくことでアピールにつながります!

顧客への提案やアドバイスに欠かせないFP知識。

顧客への提案やアドバイスに欠かせないFP知識。

保険会社や金融機関などではお客さまへの保険・金融商品の販売や資産設計の提案などをすることが日常業務。ファイナンシャルプランナー(FP)の知識があれば、保険や年金の仕組みなどをより細かく伝えられるようになり、幅広い提案や商品の販売が可能になります。

お客さまからも大きな信頼が得られるようになり、社内でのキャリアアップに役立ちます!

より的確なアドバイスをできるようになりました

保険の見直しの相談を受けたとき、以前はただ単に安い商品を勧めていたんですが、専門知識が身についたことで、その保険ではカバーできないものもたくさんあることを知りました。さまざまな保険商品を総合的に見て、ただ安いだけではなく、本当の意味でその人に合った保険をアドバイスできるようになったのは最大の収穫です。

(40代・男性)

ダブル資格なら、さらにキャリアアップ!

ダブル資格なら、さらにキャリアアップ!

FP資格取得の学習で得る知識は、宅建士や社労士といった他資格で扱う分野と“つながり”があります。専門性の高い資格と組み合わせることで、より一層仕事の幅が広がり、キャリアアップに活かすことができます。
ファイナンシャルプランナー(FP)は宅建士や社労士の有資格者にもオススメの資格です。

具体的に他資格をどう活かせるの?

例えば、以下のように活かすことができます。

宅建士+FPの場合 不動産の営業をするかたわら、不動産購入後の住宅ローンについてのアドバイスをすることができます。
社労士+FPの場合 年金制度が不安視されている今、年金制度の相談業務をしながら、資産設計の提案をすることができます。

専門知識がないと、やっぱり試験は難しい?

専門知識がないと、やっぱり試験は難しい?

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は、「お金」に関わる身近な分野を扱うので、専門知識がない初めての方でも比較的学習がしやすく、きちんと対策をすれば十分合格できます!

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する