ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

資料請求(無料)

FPは幅広い知識と視野で、ライフプランの設計を行うプロ

FPは幅広い知識と視野で、ライフプランの設計を行うプロ

ファイナンシャルプランナー(FP)は税金・保険・年金などの幅広い知識と視野を持ち、お客さまの夢や希望を叶えるためのパーソナル・ファイナンシャル・プランニングを行うプロフェッショナルです。

企業で活躍する企業内FPと、独立・開業して活躍する独立系FPに大きく分けられます。

様々な分野で活躍可能。FP資格は就・転職に有利!

FP資格は年金・税金・金融・不動産などさまざまな分野をフォローする資格です。そのため金融機関のほか、不動産会社・保険会社・住宅メーカーなど様々な業種で求められ、資格取得者は就・転職に有利に!

FP資格で扱う6つの分野

知識を深めて社内でキャリアアップ!

知識を深めて社内でキャリアアップ!

現在関連業界で働いている方にとっては、FP資格の知識は仕事に直結するもの。

知識を深めることで、より難しい案件に対応できたり、提案やアドバイスの幅が広がるため、社内でのキャリアアップに大変役立ちます。お客さまから「信頼できる」と言われることも!

より的確なアドバイスをできるようになりました

保険の見直しの相談を受けたとき、以前はただ単に安い商品を勧めていたんですが、専門知識が身についたことで、その保険ではカバーできないものもたくさんあることを知りました。さまざまな保険商品を総合的に見て、ただ安いだけではなく、本当の意味でその人に合った保険をアドバイスできるようになったのは最大の収穫です。

(40代・男性)

ダブル資格で業務の幅が広がり、独立も!

ダブル資格で業務の幅が広がり、独立も!

ファイナンシャルプランナー(FP)が扱う分野は、社労士や税理士、証券外務員、宅建士といった他資格で扱う分野と関連しています。
これらの資格と組み合わせることで今までできなかった業務ができるようになり、キャリアアップだけでなく独立・開業も目指せます!

学んだ知識が実生活でお役立ち

学んだ知識が実生活でお役立ち

FP資格の学習で得る知識は、保険や年金など“身近なお金”についてのことばかりです。

身近なことながら、理解できていない事柄もありますから、普段の生活で感じる悩みや不安が解消され、すぐさま実生活で役立ちます。
今の時代、大きな財産になる資格です!

身近なところで役立っています。

専業主婦ならではの小さなことなのですが、ママ友達のご主人のご両親が亡くなったときに、相続税のことなどについて若干のアドバイスをして差し上げることができました。また、姉に金融商品について相談されたときも、勉強した知識を活用してどの商品が良いか検討をしてあげたり、そういう身近なところで役立っています。

(40代・女性)

活躍の仕方は人それぞれ

就・転職を有利に! キャリアアップにも! (企業内FP)

資格を取って就・転職を有利にしたり、現在働いている会社でのキャリアアップにつなげたり、企業内FPとして活躍できます。


独立・開業して活躍!(独立系FP)

ファイナンシャル・プランニング、資産設計の相談・提案業務だけでなく、執筆活動や講師としてなど、独立系FPとして幅広く活躍することができます。

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する