土地家屋調査士

土地家屋調査士とは

資料請求(無料)

あなたの未来を開く有望ラインセンス!

“不動産の表示に関する登記”を独占的に行う国家資格

土地家屋調査士は、不動産登記業務のうち「表示に関する登記」(注)を独占的に行えるよう、国から認められています。
(注)「表示に関する登記」とは、建物や土地等の外観・現状を示す図面を含む登記のこと。

不動産は、登記してはじめて所有者が権利を主張し、財産を守ることができます。その意味でも社会的な責任が大きく、信頼も厚い存在と言えるでしょう。

独立に有利なスペシャリスト資格!

一国一城の主として人生を歩んでいきたい方にピッタリ!

「土地家屋調査士」は、取得後フリーとなり事務所を構えて独立しやすいので、日本土地家屋調査士会連合会に登録されている、約18,700名のほぼ全員が独立を果たしています(他の資格との兼業者含む)。

重要な役割と高い評価にふさわしい好収入の可能性も!

全国の土地家屋調査士の年収(売上規模)の全国平均は、1,000万円以上に達しています(土地家屋調査士会連合会調べ)。不動産登記申請の専門家として、高い評価にふさわしい報酬を得られるのが魅力です。

不動産の登記が必要な理由とは?

モノや物品と違い、土地・建物などの不動産は、一見して所有者や形・境界が不明瞭です。これら情報を明確にすることが、安全でトラブルのない不動産の売買には不可欠。
これら不動産の情報を一般の人にもわかるようにした「不動産登記制度」により、円滑な取引が出来るようになっています。

独立開業ができるのでしょうか?

土地家屋調査士は、独立開業型の資格です。専門性の高い業務独占資格なので、有資格者のほとんどが開業していることから、あなたも合格すれば一国一城の主となれるでしょう。やりがいにあふれ、好収入も望めますので、定年・リストラとは無縁の安定した将来が見込めます。

土地家屋調査士の主な業務

土地や建物が現在どのようになっているのかを、関係書類を見たり現地へ直接足を運んだりしてしっかり確認します。


土地の面積、建物の床面積などの変更申請に添付する図面を作成するために、対象の土地や建物の測量を行って正確な数値を算出します。


調査・測量の結果をもとに、登記申請するさまざまな書類を作成します。


作成された書類を法務局へ提出し、申請手続きのすべてを代行します。

ダブルライセンスで、調査士取得はこんなにメリットが!

土地家屋調査士は、他の資格とも密接に関係しています。これまでに得た法律の知識で、試験勉強がスムーズになるなど有利な点を活かし、さらなるステップアップに向けて、合格を目指しましょう。

試験科目中、民法・区分所有法等が共通。調査士を目指すことで、登記簿を正確に読み取る力がつきます。

調査士の午前試験が免除になります。建築士に調査士をプラスすると、設計から登記まで自分で行うことができます。

試験科目中、区分所有法と不動産登記法が共通。今後の建替え需要の増加には、登記の知識が強みに!

司法書士と調査士の2つを取得すると、不動産登記業務のすべてを扱え、仕事の発展に役立ちます。

調査士の午前試験が免除になります。午後試験の学習に集中できますので、ぜひ調査士を目指しましょう。

試験科目中、民法・行政法規等が共通。調査士と同様、数学力が必要とされ、鑑定士を取得の方は有利です。

試験について詳しく! 資格試験ガイド

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)