マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

身につくスキルの例2 「多彩なグラフ」

受講お申込み

多彩なグラフを使いこなしていますか?

ワードやエクセルには、下記のような色々な種類のグラフが用意されています。

※Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。
※MicrosoftおよびExcelは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。


多彩なグラフは、すべて利用シーンが違います。表現したいデータに合わせて、最適なグラフを選べるようになれば、わかりやすい資料を作れるようになります。
さらに、同じ種類のグラフでも、書式を様々に設定できますので、工夫次第で効果的な見せ方に!

その他、資料をわかりやすくするテクニックは様々

例えば、書式や図など、資料をわかりやすくするためのテクニックは様々です。
今まで黒い文字だけで書いていた資料に、少しわかりやすい図やレイアウトを取り入れるだけでも、職場でのアピールになります。

グラフの種類は既に知っていましたが、さらにスキルアップはできますか?

はい、おそらくスキルアップに役立つと思います。
「最初のうちは基本操作が多いので、問題はほぼ解くことができましたが、後半の応用に行くにつれて、知っている内容は3割程度になりました。でも、学習をくり返すことで解ける問題が増えていきました。」という受講生の声も。レベルが気になるようでしたら、市販テキストの立ち読みもオススメです。