マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

どんなスキルが身につく?

受講お申込み

初心者OK! 多彩なグラフ、効率化スキルなど!

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、ワードやエクセルをほとんど使ったことがないような初心者から、普段から仕事で使っている中上級者まで、幅広い方が受験をされています。

パソコンの機能・操作方法を、基本から体系的に学べるので、パソコン操作をしっかり身につけたい方にもオススメです。
就職活動や転職はもちろん、資格を目標にスキルアップを目指す人も少なくありません!

実技が身につく。単なる暗記で終わらない!

マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験は実技のみです。
そのため、実践的なスキルが身につくように、試験勉強もパソコンを使った演習がメインです。
単なる用語の暗記などはなく、非常に実践的なため、勉強をしたすぐ次の日から役立ちます。
今まで使ったことのなかった隠れた機能に気づくことで、業務を効率化できるのはもちろん、分かりやすい資料を作れるようにもなります。

「置換」「グラフ」など、具体的なスキルを紹介!

機能を知らなければ数時間かかる作業を、知っているだけで数分に短縮できる、なんてことも少なくありません! 特に自己流で覚えた人は、無駄な手作業をやってしまっている可能性があるので要注意です!

ワードやエクセルの基本スキル「置換」を使うと、同じ文字列を一括で別の文字列に変更できます。
使用例: 文書内の「2015年」を、すべて「2016年」に変える


あなたは、一般的な棒グラフと円グラフ以外があることを知っていますか? 様々なグラフの形式や、複数のグラフの組み合わせ方を覚えることで、資料が見やすくなります!


ワードで学ぶスキルの例

  • 書式の設定
  • 文書の検索
  • 図の挿入・設定
  • 表の作成・編集
  • コメント挿入
  • 変更履歴の管理
  • 文書へのアクセス管理
  • デジタル署名の追加     など

エクセルで学ぶスキルの例

  • オートフィルでデータ入力
  • 数式を使ってデータ集計・検索
  • VLOOKUP関数
  • 条件つき論理を使う数式
  • グラフの作成・編集
  • 条件付書式
  • データの並べ替え・抽出
  • ブックの保護・共有      など
自己流でやってきたので、基礎から勉強するのはおっくうです。

自己流の方は、機能の一部しか使わず、気づいていない機能があることもしばしば。
機能を知るだけで、今まで何時間もかかっていた作業を大幅に短縮できることも少なくありません! 資格取得をきっかけに、基礎から体系的に学ぶことをオススメします。

ユーキャンにはパワーポイントの講座はないのでしょうか?

ご用意しています! MOSのパワーポイント講座についてはこちら のページからご覧ください。