介護食コーディネーター

こんな方におすすめ

資料請求(無料)

いつまでもおいしい食事をいっしょに食べたいから。

大切なご家族の食事作りに不安を感じている方

「最近食が細くなってきた」「固いものが食べられない」など、毎日の食事作りに不安を感じている方もいるのではないでしょうか。そんな方こそ、正しい知識とスキルを身につけましょう!
どんな風にカットしたら食べやすいのか、正しくとろみをつけるためにはどう調理したらよいか。各食材の調理の工夫の仕方をきちんと学ぶことで、介護食作りに自信が持てます。食事の介助方法や配膳方法も身につくので、いつも安全な食事を提供できるように。

介護・福祉の仕事をされている方

訪問介護の仕事で利用者さんのご自宅で調理されている方や、グループホームなどの小規模施設の職員さんにとって、特に気をつかう必要のある食事作りですが、調理の研修を受ける機会は少なく、自己流で済ませている方もいるのではないでしょうか。
利用者さんにとって食べやすく調理され、味付けもその方の好みに合わせた料理を作るのは、自己流では、なかなか大変です。

介護食作りの正しい知識とスキルがあれば、おいしくて安全な介護食が作れます。作り方の基本が身につけば、自然と時短調理もできるように。
利用者さんに「おいしい!」と喜んでもらえれば、やる気にもつながります。

ご自身の将来のために備えたい方

今のうちに介護食を作るノウハウを身につけておくことで、将来ご自身やご家族の方が高齢になったときの安心材料となります。
「歳をとってもいつまでも食べる楽しみを感じていたい」という思いをお持ちの方は、ぜひこの機会に学んでみませんか。

飲食・食品業界で働く方

超高齢社会が進む今、介護食マーケットは拡大傾向にあります。ニーズが増加し、今後もますます注目される「介護食」。飲食業や食品業界にお勤めの方は、介護食作りの知識を身につけることで、新商品や新メニューの開発に大いに活かせます。

次へ:講座の特長