介護食コーディネーター

介護食お悩みシーン

資料請求(無料)

こんなことにお困りではないですか?

ご家族に高齢者がいる方や、介護施設や訪問介護で食事作りに携わるホームヘルパーの方など、介護食作りの経験がある方は、一度はこんなことに直面したことがあるのではないでしょうか?

いつも作る食事に満足してくれていないみたいです…。
好物のカレーやハンバーグといった味の濃いものは控えて、薄味の煮物などの和食ばかり食卓に出すようにしたら、残念そうな表情を浮かべるようになってきました。食べることがなんだか楽しくなさそうなんです。

最近噛む力が弱まってきて、今までの料理が食べられなくなってきたようです。だんだん食欲も落ちてきているのが気がかりです。
だけど、食材をどのくらいの固さや大きさに調理したら食べやすいのかわからないので、困っています。介護食の調理に慣れていないから時間がかかるし、ほかの家族の分の食事作りもあるので、時間のやりくりがいつも大変です。

介護食メニューのレパートリーが少なくて、なかなか希望のメニューを作ってあげることができません。今は家族の中で一人だけ違うメニューを食べているのが寂しそう…。
レトルトの介護食品を買ったりしますが、毎日買っていると費用がかさむのも気になります。できれば、自宅にある食材で料理を作ってあげたいなぁ。

ホームヘルパーの仕事をしていますが、料理も苦手だし知識もないので、訪問介護のときに食事作りの仕事が入ると不安になります。さらにサービスの時間内で調理を終える必要があるため、いつも時間との闘いです。ちゃんと利用者さんに満足のいく食事を提供できているのでしょうか…。

そんな悩みはユーキャンで
解決しましょう

当講座では、高齢者に必要な栄養知識や食事介助などの基本知識をベースに、安全でおいしい手作り介護食を作るための調理のコツやノウハウを学べます。
調理の基本が身につけば、手際もよくなり調理時間がグッと短縮!また、食材別の効果的な調理方法を知ることで、レシピのバリエーションも広がり、献立作りにも困らなくなります。
さらに、レシピのレパートリーが増えれば、その方の好みの食事や昔好きだった料理なども作れるようになるので、食べる楽しみを味わっていただくことも。まさにいいことづくめの講座です!

閉じる

次へ:こんな方におすすめ