介護食コーディネーター

介護食とは

資料請求(無料)

手作りで、あたたかみのある食事を。

介護食ってどんなもの?

介護食とは、咀嚼(噛む力)に不安がある高齢者の方向けに、食べ物をやわらかく調理したり、栄養に配慮し食べやすくした食事のことです。
最近の介護食は、以前に比べて普段の食事のように見た目も味もおいしく食べやすいものが人気です。

おいしい介護食は、手作りで。

昨今では介護食のレトルト食品や冷凍食品がスーパーやコンビニの店頭に並ぶようになってきました。
こういった商品は手軽ではありますが、費用がかさんだり、メニューのバリエーションが限られるなど、毎日の食事に取り入れにくい点もあります。実際に利用しているシニアの方からは、見た目や味を改善してほしいという声も…。
毎日食べるものだからこそ、家庭にある食材で手作りできることが一番ですよね。

正しい知識と調理スキルが重要です。

介護食を作った経験がある方は、調理に悩んだことがあるのではないでしょうか。
相手が食べやすいよう、食材の固さや大きさ、調理方法に気をつかいつつ、好みの味付けやメニューを冷蔵庫の中の食材から考えるのはとても大変です。自己流ではうまくいかないこともしばしば。
安全でおいしく満足度の高い介護食を作るためには、介護食の正しい知識と調理スキルをきちんと身につけておくことが重要なのです。

次へ:介護食お悩みシーン