1級管工事施工管理技士

合格までのスケジュール

資料請求(無料)

今なら来年の試験に向け、余裕をもって合格が狙えます!

1級管工事施工管理技術検定試験は学科試験が9月上旬、実地試験が12月上旬の年1回!
当講座の標準学習期間は5ヵ月ですので、今から始めれば来年の試験に向けて余裕をもったスケジュールで合格が狙えます!

スタート受講スタート!

合格に必要な教材一式をセットでお届します!
ガイドブックとあなた専用の学習スケジュールで合格までのカリキュラムを確認し、全体像がつかめたら、学習スタート!

  • 受講開始日は、実際に受講を開始された日ではなく、当社から教材を発送した日となります。

テキストとトレーニングブックで知識を定着!
ポイントを押さえたテキストと、効率よく繰り返し復習できるトレーニングブックで、じっくり理解を深めます。

合格力アップのための添削課題と過去問題集
添削課題と厳選過去問題集で、ニガテを克服!
添削の第3回は学科、第5回は実地の総合的な実力チェックと位置づけた本試験レベルの出題に取り組みます。
着実な試験対策で自信をつけることで、試験本番で落ち着いて学習の成果を発揮できるように。

【翌年9月】学科試験

学科試験は、「 機械工学等」「施工管理法」「法規」の3科目の範囲から、択一式のマークシート方式で、科目によって選択問題と必須問題に分かれます。

【翌年12月】実地試験

実地試験は、「施工管理法」の1科目の範囲より、記述による試験となります。
ユーキャンの教材でしっかり学んできた成果を発揮!

  • 学科試験のみ合格になった場合は、次年度に限り、申請により、学科試験が免除になります。

合格! おめでとうございます!

監修&主任講師小林先生インタビュー