ユーキャンの1級管工事施工管理技士講座

一括払い59,000円(税込み・送料当社負担)

  • 受講お申込み
  • 資料請求(無料)

建設業界でニーズ大! 配管工事のスペシャリスト!

1級管工事施工管理技士は、配管設備工事全般を扱う専門家。大規模な工事現場に必置の「監理技術者」になれる建設業界でニーズ大の国家資格です。今後、建築業界への新規入職者を90万人増員するという国土交通省の計画により、近年需要が高まっています。

試験は、過去問攻略がポイント!

四肢択一のマークシート方式による「学科試験」と、記述式の「実地試験」からなり、機械工学や施工管理法、その他関連する法規に対する正確な理解が、合格へのカギとなります。

管工事施工管理技士は様々な建築物に必須となる配管工事のスペシャリスト。配管設備等の工事における施工計画の作成や管理、あるいは自ら現場に出向いて安全管理をするのが主な業務です。なかでも1級管工事施工管理技士は、大規模工事の際に配置が必須である「監理技術者」に該当しており、建設現場からのニーズが極めて高く、キャリアアップが期待できる資格です。
検定は学科試験と実地試験があり、合格率は、学科が約50%、実地が約60%。1級管工事施工管理技術検定ですので、容易に取得できる資格ではありませんが、国家資格のなかでは合格率が高めで、事前にしっかり対策すれば、比較的狙いやすい資格といえます。実地試験は、様々な事例に沿った記述式の問題となっており、多様なパターンの出題形式に基づいた対策が重要です。
ユーキャンの「1級管工事施工管理技士講座」では、学科試験・実地試験の両受験に対応したオリジナルの教材で資格取得を目指す方を徹底的にサポート。分かりやすいテキストで試験に必要な知識を蓄え、講座の仕上げには過去の出題傾向に基づき典型的な問題をセレクトした「厳選過去問題集」を使用。合格に必要な力を身に付けることができます。