2級建設業経理士

建設業経理士とは

建築業界における会計処理のスペシャリスト

建設業経理士とは?

建設業経理士とは、建設業関連の会計知識と会計処理の能力をもった、建設業経理のプロのこと。
建設業経理独自の会計ルールを理解し、帳簿の作成や決算処理などの会計処理や書類の作成・管理などの事務処理を行います。


どんな会社で、どんな仕事をするの?

主な就職先は建設会社や工務店など、建設業および建設業関連の企業。個人経営から中小企業、大企業まで規模はさまざまです。建設業の企業は全国にあるため、就職先は幅広くあります。

建設業経理の仕事では、建設業独自の帳簿作成、決算処理、建設業独自の書類作成・管理などを行います。建設業というと男性的なイメージを持つ方も少なくないと思いますが、あくまで経理職なのでオフィスワーク。男女問わず活躍できます!


建設業独自のルールで会計処理をします。

建設業経理では、建設業独自の会計ルールに沿って会計処理を行います。
また、商業簿記では「売上」と呼ばれるものが、建設業経理では『完成工事高』と呼ばれるなど、用語が異なることも特徴のひとつです。

このように、基本的な商業簿記の知識だけでなく、建設業についての専門的な知識や理解も必要となります。


建設業の需要拡大で社会的ニーズも向上!

建設業は地域のインフラ整備・維持をはじめ、地域の安心・安全を担う、なくてはならない存在。
国際的なイベントやリニア中央新幹線の開通、日本各地の老朽化した公共設備の修繕など、今後も建設業界の業績は堅調に推移していくことが予想されています。
建設業経理士は、そんな建設業界を支えるのに必要不可欠な存在として、注目を集めています。


次のページ:資格のメリット