サービス接遇検定(3級・2級・準1級)

サービス接遇検定とは

サービス・接客のプロフェッショナルへ

サービス接遇検定って?

サービス接遇検定とは、サービスに対する心構えや顧客心理の理解、応対の技術、言葉遣い、立ち居振る舞いなどを学ぶ、接客マナー系検定です。

平成27年度の受験者数は3級〜準1級で合計5万人。
「おもてなしの心とかたち」が育まれるとされ、多くの企業で注目されている検定試験です。

業種を問わず必要とされる「顧客の気持ちを理解するため」の実務スキルや知識が身につきます。

サービス接遇検定って?

そもそも「サービス接遇」とは何ですか?

「サービス接遇」とは、「相手に満足を提供する行動」のことです。
サービス業をはじめ、多くの企業で顧客満足やサービスの質が重視される昨今、単純にサービスを提供するのではなく、おもてなしの心をもって接することが重要視されています。


学んだことがすぐに活かせる!実用性の高い資格

サービス接遇検定で学習する内容は、適切な顧客対応や言葉遣い、お金の管理など、実用的なものばかり!
学んだことを、普段の仕事ですぐに活かせるのも魅力のひとつです。

サービス業・接客業はもちろん、ホテル、販売、美容、医療、介護など、人と接する仕事なら、多彩なシーンで活用できます。

学んだことがすぐに活かせる!実用性の高い資格


持っていて損ナシ!受験資格も不要です

サービス接遇検定には受験資格はありません! 年齢・性別・学歴・職歴などに関わらず、どなたでも受験できます。

好感をもたれる言動や、相手の立場にたった応対方法などが学べるため、普段の対人関係においても役立てることができ、まさに持っていて損のない資格です。

持っていて損ナシ!受験資格も不要です


試験を熟知した現役の面接審査員が執筆・監修!

当講座は、サービス接遇検定の面接審査員を務める保坂美鶴子先生と、ビジネス系検定対策の専門スクール・早稲田ワーキングスクールが執筆・監修!

出題傾向や間違えやすいポイントなど、合格のツボをしっかり押さえたカリキュラムになっているので、わずか4ヵ月で3級から準1級までの3階級合格が目指せます!

保坂美鶴子先生

保坂美鶴子先生

【プロフィール】
早稲田ワーキングスクール講師。企業内研修、接遇マナー教育、ビジネスマナー教育、秘書教育に携わる。企業ではマネジメント研修、サービス接遇研修、大学では就職試験対策講座なども担当。(公財)実務技能検定協会より、秘書検定、サービス接遇検定の準1級面接試験審査員(実施担当者)を委託されている。

次のページ:こんな方におすすめ