パーソナルスタイリスト(R)講座

『自分に似合う』の見つけ方

受講お申込み

自分に似合うコーディネートの方法って?

自分に似合うコーディネートをするには、自分の特徴や印象をしっかり把握し、魅力的にみせるアイテムを組み合わせることが大切。
実際の例をもとに、コーディネートのポイントをチェックしていきましょう!

佐藤さん(仮名)20代後半 / 女性のケース
  • 顔の形 逆三角顔
  • 体型の特徴 上半身に対して下半身がしっかりしている。
    肩幅が広く、ウエストが細い。
  • このモデルのBefore / After写真は教材には掲載されていません。

佐藤さんは顔の形が逆三角形型であることから、全体的にシャープな雰囲気を持っています。しかし、それに対して洋服のテイストが甘すぎる印象です。また、顔の形や体型に合わない箇所が複数あり、自身の魅力を活かしきれていません。

Before写真

Before写真

  • Check1顔の形にラウンドネック(丸く開いた襟)のネックラインが合っていない。
  • Check2ネックレスの存在感がありすぎて、服のテイストにあっていない。
  • Check3パフスリーブが、しっかりした肩をより強調してしまう。
  • Check4スカートの丈が中途半端なため、足が太く見える。
  • Check5ヒールが低く、甲が隠れるデザインのため、足が短く見える。

シャープな印象を引き立てるテイスト、体型・顔の形を活かしたバランスのアイテムにチェンジ!

After写真

After写真

  • Point1髪を耳にかけてすっきりした印象に。
  • Point2シャープな雰囲気に合わせた服のテイスト。
    トップスは顔の形にあったVネックラインに。
  • Point3しっかりした肩を強調しすぎない袖のライン。
  • Point4体型にあった、タイトなシルエットのスカート
  • Point5足が細く見えるスカートの長さ。
  • Point6服の色味にあった靴の色、脚長効果のあるハイヒール。

『ファッショニスタ診断(R)』で自分のバランスをチェック!

パーソナルスタイリスト(R)講座では、最初に『ファッショニスタ診断(R)』を行います。
やり方はあなたのコーディネートを写真に撮ってメールで送るだけ。
メリハリ度やスッキリ度、顔の形との相性度などのバランスをアプリで診断します!自分を知る第一歩として活用できます。

次のページ:オシャレを磨く4つの添削>>