認知症介助士

資格・検定試験ガイド

受講お申込み

試験はご自宅で受けられます!

ユーキャンの「認知症介助士」講座は、試験実施団体認定講座。そのため、当講座の添削課題を提出し、最終課題(検定試験)で合格すればOK!
受講期間内なら在宅で受験できるので、お子様がいてなかなか外出できない、家事や介護、仕事が忙しくて時間を取ることができないという方にもオススメです!

ユーキャンの課題が最終試験!

資格名称 認知症介助士
認定団体 公益財団法人 日本ケアフィット共育機構
試験時期 受講期間内ならいつでも受けることができます。
受験資格 なし
試験問題 30問(マークシート方式)
合格基準 1問1点の30点満点、24点以上で合格

認知症介助士認定団体 日本ケアフィット共育機構からのメッセージ

公益財団法人 日本ケアフィット共育機構 インストラクター 冨樫 正義さん

公益財団法人 日本ケアフィット共育機構インストラクター
冨樫 正義さん

認知症の最大の発症要因は年齢を重ねることです。つまり、どなたでも認知症になる可能性があるということです。超高齢社会である日本では、認知症の方と接する機会も増えていきます。そのため、認知症について詳しく知ること、また認知症にならないようにできる範囲で予防の対策を取ることが、この時代を生きる私たちにとって大切な心がけと言えるでしょう。

認知症介助士講座では、日本ケアフィット共育機構の「誰もが暮らしやすい社会を作る」という理念に基づき、認知症の方に対して、相手の立場に立った介助をするために必要な基礎知識から具体的な応対方法、そして自らの予防まで分かりやすく学ぶことができます。
今こそ、認知症について一緒に学びませんか。

試験はマイペースに取り組める!

添削課題や最終課題(検定試験)は、お好きなときに受けられるので、テキストで学んだ知識をしっかり整理して、じっくり取り組めます。
最終課題(検定試験)はマークシート方式で80%以上の得点で合格となります。

受講期間中は、いつでもチャレンジ可能。

受講期間中であれば、試験はいつでも受験できるので、マイペースに進められます。テキストでの学習や添削課題で、きちんと知識を定着させてから合格が目指せます。


次のページ:教材・テキスト

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細