認知症介助士

認知症介助士とは

受講お申込み

高齢者の4人に1人! 認知症は「新たな国民病」!

認知症患者数の推計

65歳以上の4人に1人が認知症もしくはその予備軍という時代。テレビや新聞でも毎日のように取り上げられる認知症は、「新たな国民病」とも言われています。
さらに、認知症患者は将来的にさらに増加することが予想されていて、医療・介護関係者だけではなく、多くの人にとって身近な問題であるのです。

認知症はタイプもさまざま

そもそも認知症とは、さまざまな理由から脳の細胞が傷ついたりすることで働きが悪くなり、記憶障がいなどの症状を起こす症状群のことです。
一口に認知症と言っても、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など、さまざまなタイプがあり、特徴も異なります
認知症のタイプに応じて、どのような対応を行うべきかを知ることが重要です。

認知症の主な種類

名称 特徴
アルツハイマー型認知症 脳の中のさまざまな変化により正常な脳細胞がだんだんと減り、脳が萎縮することによって引き起こされます。
日本の80歳以上の高齢者の有病率は20%以上といわれています。世界でも一番多い認知症です。
脳血管性認知症 脳梗塞や脳出血など、脳の血管が詰まったり破れることによって生じます。
かつて日本では、認知症発症要因の第1位でしたが、現在は脳梗塞の引き金となる高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防・管理が向上したこともあり、認知症の患者数に占める割合は減少しています。
レビー小体型認知症 アルツハイマー型と同じように、脳の変性疾患の一つです。
アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症の二つとともに三大認知症と呼ばれ、欧米ではアルツハイマー型に次いで多く、患者数は第2位を占めています。

閉じる

認知症介助士は超高齢社会を支える存在!

こうした社会背景のなか、2014年に誕生したのが認知症介助士です。
認知症の方と接する際の心構えやコミュニケーションの取り方など、認知症の方への正しい対応方法を身につけることができる資格です。
例えば認知症の症状の1つに「過食」があります。カロリーの少ない、あるいは少量の間食を用意したり、別のもので興味を引いて気をそらしたりするなど、状況にあった適切な対応方法を学びます。

「介護」と「介助」の違いはなんですか?

「介護」とは入浴や食事、排泄など生きていくために必要な日常生活の支援が中心のものになります。
一方「介助」は、加齢や障がいによって低下するQOL(生活の質)を向上させるために必要な支援のことです。コミュニケーションの輪を広げたり、社会との関わりを持つために必要な行為といえるでしょう。

一生モノの知識が身に付く

学んだ知識は、病院や介護施設での業務はもちろんのこと、ホテルや駅、デパートなど、多くの人と接する職場でも活用することができます。
また、認知症の予防法を知り、実践することで、ご自身やご家族の将来の備えにもつながります

次のページ:こんな方におすすめ

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細