終活アドバイザー

自分らしいエンディングを迎えるために

受講お申込み

大切な人に何をのこしますか?

もしご自分の身に何かあったとき、残された家族が困るようなことはありませんか?
幸せに暮らしてほしい、子どもにはどういうふうに成長してほしいなど、伝えきれていない家族への想いはありませんか?
のこしたいものや気持ちを形にすることは、自分で動ける今のうちだからこそできる事です。

あなたやご家族に明日、万が一のことがあったら?

ご自身にもしもの事があった時、具体的には次のようなことが問題になります。

・連絡すべき人がどこまでいるのかわからない ・介護は誰が、どういう形で行う? ・延命治療や臓器提供の希望はあった? ・お墓やお葬式はどういう形で行いたい?誰が負担する? ・亡くなった後の手続きはだれが行う? ・財産の相続はどうする?

あらかじめ本人の意思が確認できていれば、いざというときに家族が思い悩むことを防げます。
必要になる“その時”に希望や想いをちゃんと伝えるために、準備をしておくのが「終活」です。

人生を棚卸しすることで、これからの人生も豊かになる

人生を振り返り、整理していく中で、「自分自身と向き合う時間」が生まれます。自分が本当に望むこと、本当にやりたかったこと、やりたいことは何かという自問自答が、残りの人生を後悔なく生きていくための準備になります。
終活を行うことは、今をより良く生きていくことができるというメリットにつながります。

エンディングノートにまとめる

自分の希望や想いは、何か形に残しておくのが確実です。
ノートに過去〜現在〜未来の人生を書くことで、のこすべきものをはっきりとさせ、次世代にスムーズに引き継ぐことができます。またこれからの人生設計が見えてくることで、将来に対する不安を解消し、今後の人生を充実させることにも大変効果を発揮します。

・自分のプロフィール ・お墓について ・終末期医療について ・要介護・認知症になったとき ・財産について ・遺言書について ・葬儀について ・見舞いや葬儀に読んでほしい親戚、知人

など、これだけ伝えておけば家族が困らないといったような事からまとめていきます。
最初から全ての項目を完璧にする必要はありません。書ける項目から書いていくことで、自分の中でも少しずつ整理がついてきます。
エンディングノートの作成は、「終活」の第一歩となります。

ユーキャンは実際にエンディングノートを作成しながら学習!

ユーキャンの終活アドバイザー講座では、NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会 のエンディングノート『ら・し・さノート(R)』を実際に作成しながら進めるので、ご自身やご家族のライフプランを考えるうえでも大変役に立ちます。

こんな方におすすめ