食育実践プランナー

食生活アドバイザーとの違い

受講お申込み

食生活アドバイザーとはどこが違うの?

栄養と健康、食文化、食品学等、学ぶ分野は近いものです。食生活アドバイザーは主に企業で、食育実践プランナーは主に家庭での実践を目指した学習内容となります。

家庭で特に活かせる知識を学習。

食生活アドバイザーと食育実践プランナーの違い

食生活アドバイザーは、衛生管理や流通の仕組みなども含めた、食に関する業界で必要となる知識を一通り学習します。食育実践プランナーは家庭内、特に子どものいる家庭内での食事作りなどに活かせる知識を学びます。

「食」を通じた教育・指導の力も。

年代別の食、メニュー作りや食材の目利き方法など、確かな食の知識を学ぶだけでなく、子どもに教える正しい食べ方やマナーなど、教育的な側面での実践力を学習するのも、食育実践プランナーの特長です。

資格の試験はおうちの中で。

受験の方法は食生活アドバイザーは試験会場での受験。
食育実践プランナーは自宅での受験です。しかも受講期間内であれば何度でもチャレンジが可能

教材・テキスト

食育を”おいしく”学んでおうちで受験!

受講お申込み