知的財産管理技能士

よくある質問

受講お申込み

気になる疑問ランキング

知的財産管理技能士とはなんですか?

知的財産管理技能士とは、企業や団体において知的財産を適切に管理・活用して、その企業や団体に貢献できる能力を証明する国家資格です。
企業の知的財産管理に注目が集まっている今、学んだ内容を日々の業務にすぐ活かせるのが魅力。
業種や所属部署を問わず、現代のあらゆるビジネスパーソンに役立つ注目の資格です。

取得すれば、キャリアアップ・昇進に役に立ちますか?

はい。現に、2級知的財産管理技能士が、「マネージャー層に求められる資格ランキング5位」にランクインするなど、マネージャー、管理職クラスからも注目度の高い資格です。(出典:日経キャリアマガジン、2012年1月)
2級まで取得すると、知的財産戦略などにも知識を発揮できるため、活躍の場もグンと広がります

就職・転職にも役に立ちますか?

知的財産に関する正しい知識と、効果的な利用戦略はこれからのビジネスでますます必要になってきます。受検を推奨する会社が増えている今、有資格者は、業種・業界を問わず好印象! 就・転職の際にもおおいにプラスに働くでしょう。

全く初めてなんですが、大丈夫でしょうか?

ご安心ください。知的財産管理技能検定の試験範囲は、数ある法律の中でも「知的財産」に関する部分のみ。業務に関わることや、ニュースで耳にする身近な内容が多いため、理解も進みます。
ユーキャンなら「そもそも知財とは?」「関連する法律は?」「試験範囲は?」といった基礎の基礎から解説する「合格BOOK」など、全く法律になじみがない人でも、スムーズに学習に取り組めるわかりやすい工夫をたくさん用意しています。

受検資格はありますか?

3級はどなたでも受検が可能です。
2級は、3級合格や実務経験2年以上など、5つの受検資格のうちいずれか1つに当てはまれば受検可能です。実務経験がなくても、3級に合格すれば、2級を受検できます。

ページの一番上へ

知的財産管理技能検定について

知的財産管理技能士とはなんですか?

知的財産管理技能士とは、企業や団体において知的財産を適切に管理・活用して、その企業や団体に貢献できる能力を証明する国家資格です。
企業の知的財産管理に注目が集まっている今、学んだ内容を日々の業務にすぐ活かせるのが魅力。
業種や所属部署を問わず、現代のあらゆるビジネスパーソンに役立つ注目の資格です。

閉じる

そもそも「知的財産」とは何でしょう?

人間が頭で考えて生み出したアイデアや、音楽や小説といった創作物の内容のように、形はなくとも、経済的な価値が認められているもののことを指します。
主に、「発明・考案」「意匠・デザイン」「商標」「著作物」があります。

閉じる

なぜ企業に「知的財産管理技能士」が必要なのですか?

知的財産は、権利を保有して活用すれば、企業に大きな利益を生む一方、誰かがうっかり侵害してしまうと、訴訟や損害賠償などのリスクにつながります。
今や知的財産と関わりのある部署は法務部だけでなく、広報や営業、技術開発職まで様々。そのため、あらゆる業界・職種で、保有する知財を上手に使って利益を生み出す力と、万が一の時に適切な対応ができる力、その両方を備えた人材が求められているのです。

閉じる

取得すれば、キャリアアップ・昇進に役に立ちますか?

はい。現に、2級知的財産管理技能士が、「マネージャー層に求められる資格ランキング5位」にランクインするなど、マネージャー、管理職クラスからも注目度の高い資格です。(出典:日経キャリアマガジン、2012年1月)
2級まで取得すると、知的財産戦略などにも知識を発揮できるため、活躍の場もグンと広がります

閉じる

就職・転職にも役に立ちますか?

知的財産に関する正しい知識と、効果的な利用戦略はこれからのビジネスでますます必要になってきます。受検を推奨する会社が増えている今、有資格者は、業種・業界を問わず好印象! 就・転職の際にもおおいにプラスに働くでしょう。

閉じる

法務部門以外でも、実務に役に立ちますか?

もちろんです! 営業・広報・企画・技術職…法務以外のどんな部門でも、知的財産と関わらない仕事はありません。ふだんは何気なくこなしていた業務が、実は訴訟リスクを持っていたり、反対に、上手く知的財産権を活用すれば、会社に利益をもたらす可能性を秘めていたりするケースも少なくないのです。

知的財産管理技能士の資格を取得すれば、リスクマネジメントや戦略提案ができるようになり、より積極的に仕事に取り組むことができるようになります。

閉じる

ページの一番上へ

この講座の特長・教材について

全く初めてなんですが、大丈夫でしょうか?

ご安心ください。知的財産管理技能検定の試験範囲は、数ある法律の中でも「知的財産」に関する部分のみ。業務に関わることや、ニュースで耳にする身近な内容が多いため、理解も進みます。
ユーキャンなら「そもそも知財とは?」「関連する法律は?」「試験範囲は?」といった基礎の基礎から解説する「合格BOOK」など、全く法律になじみがない人でも、スムーズに学習に取り組めるわかりやすい工夫をたくさん用意しています。

閉じる

受講期間はどれくらいですか?

当講座の標準学習期間は6ヵ月です。前半の3ヵ月で3級、後半の3ヵ月で2級と、効率よく合格力を身につけられるカリキュラムを組んでいます。
検定試験は年3回(3月・7月・11月)実施されますが、いつ受講を開始しても、2級までの受検ができるよう、添削・質問などのサポートは次の次の試験(もしも2回目の試験までの期間が6ヵ月に満たない場合は、3回目の試験)まで受けられますので安心です。

閉じる

ユーキャンの教材以外に、購入しなければならない本はありますか?

3級・2級両方の合格を目指すために必要なものを一式セットでお届けいたします。試験実施団体である知的財産教育協会が編集している、試験問題カバー率90%以上の「公式テキスト」と、その内容を定着させるために必要なワークや実戦問題集もすべて教材セットに含まれますので、基本的には、それ以外に購入していただく必要はございません。
※受講期間中に新しい公式テキストが発刊された場合は、追補教材をお送りし、あわせて学習していただく場合があります。
※カバー率は第14回試験時点です。

閉じる

ページの一番上へ

学習方法・内容について

働きながらでも、勉強を続けられますか?

仕事と学習を両立するには、効率の良い勉強スタイルを確立することがいちばん!
ユーキャンなら、良く出る問題をポケットサイズにまとめた「でるポケ300」や、携帯・スマートフォンから問題が解ける「学びオンライン プラス」で、通勤などのスキマ時間も有効活用できます!

また、模試形式の添削課題により、自分の弱点が客観的に明らかになるため、試験に向けて苦手分野に集中して取り組むなど、効率良く試験対策ができます。

閉じる

独学ではダメなんですか?

独学で挑戦される方もいらっしゃいますが、3級と比べて2級は合格率も半分以下となるため、つまずく方が多いようです。実は、2級の試験範囲の多くは3級と重なっているため、間をおかず続けて学んだほうが合格しやすいのです。2級合格に向けて、一度にダブルで対策できるユーキャンの知的財産管理技能士(2・3級)講座を選ぶことをオススメします。

閉じる

具体的な学習の進め方について、教えてください

お申込みいただくと、まずあなた専用の合格までのスケジュール冊子をお届けします。あとはその流れを参考に、まず「合格BOOK」で知財の基礎を身につけてから、テキストの勉強をはじめましょう。
ユーキャンは3ヵ月で3級合格の力が身につくカリキュラム構成!3級に合格したら、同じ要領で2級にもステップアップできる無駄のないカリキュラムなので、3級・2級ダブルの合格力を半年で効率よく養うことができます。

閉じる

ページの一番上へ

添削・サポートについて

学習していて疑問があった場合、質問できますか?

受講期間中であれば、学習中わからないことが出てきたら、お気軽にご質問ください。講師、指導スタッフが丁寧にお答えいたします(ただし1日あたりの質問数には制限を設けさせていただいております)。

  • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。通信料はお客様のご負担となります。

閉じる

法改正や試験制度の変更があった場合、教えてもらえるのでしょうか?

当講座は試験実施団体が編集する、最新版の「公式テキスト」に準拠しているので、ややこしい法改正の情報をご自分でフォローする必要はなく、講座の内容に沿って学べば、その年の試験に対応した法知識がきちんと身につきます
また、万が一受講期間中に大きな法改正があったり、新しい公式テキストが発刊されたりして、その年の試験に影響が出る場合には、追補教材をお送りいたしますので、ご安心ください!

閉じる

ページの一番上へ

資格試験について

受検資格はありますか?

3級はどなたでも受検が可能です。
2級は、3級合格や実務経験2年以上など、5つの受検資格のうちいずれか1つに当てはまれば受検可能です。実務経験がなくても、3級に合格すれば、2級を受検できます。

閉じる

3級と2級のレベルはどう違うの?

3級と2級の出題範囲の多くは重なっていますが、難易度が異なります。3級対策で基本知識を問う項目が、2級で応用力を問う項目が出題されます。
知的財産についての初歩的な知識があることを証明する3級に対し、2級は知的財産全般についての幅広い管理能力があることの証明となるので、仕事や就職・転職に活かすには2級までの取得がおすすめです。

閉じる

1級との違いは何ですか?

1級は、3つの専門分野に分かれて認定されることからも分かるように、2・3級と資格の意味合いが異なります。
「特許」「コンテンツ」「ブランド」それぞれの専門家(スペシャリスト)であるのに対し、2級は「知的財産」全般のゼネラリストであるといえます。
1級を受検するためには実務経験が必要となりますので、ご自分の専門とする知財業務が固まってきたら、その能力を証明するために受検すると良いでしょう。
なお、当講座は1級には対応していません

閉じる

一度に3級・2級の両方を受検することはできますか?

併願はできません。3級を取得したのちに、2級を受検することになります。
ユーキャンなら2回目の試験まで(2回目の試験までが標準学習期間に満たない場合は3回目の試験まで)サポートを受けることができるので、安心です。

閉じる

実技試験には、どのような問題が出るのですか?

記述式の筆記試験が出題されます。とはいえ、9割以上が記号選択問題で、解答用紙に(ア)〜(エ)といった選択肢を記載するだけ。マークシートの学科試験と同じ対策で大丈夫です。ただ、具体的な場面での判断について問われることがあるので、ユーキャンのオリジナル問題集のうち、実技試験で頻出マークがついているものを重点的にチェックしておくと、さらに安心です。

閉じる

受検申し込みの手続き方法や受検手数料は?

お申込みは試験実施団体である、知的財産教育協会のホームページからお申込みいただけます。詳しくはこちら をご覧ください。

H26年度の各級の受検料は以下の通りです。
3級:学科・実技各 5,500円 
2級:学科・実技各 7,500円
※改定される場合もありますので、最新情報をご確認ください。
※受検手数料は学費には含まれません。
※2級と3級、それぞれ学科試験と実技試験があり、別々の申込みが必要です。

閉じる

合格ラインはどれくらいですか?

実技試験、学科試験ともに、3級は満点の70%以上、2級は80%以上が必要です。

閉じる

ページの一番上へ

お支払い・配送方法について

送料はかかりますか?

全国どこでも、送料は当社負担です。

閉じる

分割払いはできますか?

はい。分割払いの場合、月々3,980円×12回=合計47,760円のお支払いとなります。(税込み)

閉じる

クレジットカードは利用できますか?

インターネットからのお申し込みの場合、クレジットカードをご利用いただけます。(詳細)

ただし、時期によってはクレジットカードをご利用できない場合がございます。詳しくは費用のページをご確認ください。

閉じる

申し込んでから教材が届くまで、どのくらいかかりますか?

通常、お申し込みをいただいてから、10日前後で教材セットをお届けいたします。学習に必要なものはすべてそろえてお届けしますので、すぐに学習を始められます!

時期によって、一部教材が後送になったり、お待ちいただく場合がございます。

閉じる

返品は可能ですか?

はい。教材をご覧になって、万一お気に召さなかった場合や、ご受講を取り消される場合、教材到着後8日以内であればご返品できます。(取り消し料不要、返送料のみご負担ください。)

閉じる

購入後に追加でかかる料金はありますか?

追加料金はございません。標準学習期間の6ヵ月を過ぎても、受講開始から2回目の試験(2回目の試験が6ヵ月に満たない場合は3回目の試験)まで指導サービスを受けることができます。

閉じる

ページの一番上へ

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)