知的財産管理技能士

知的財産管理技能士とは

受講お申込み

意外と身近でおもしろい

今、知っておきたい現代人に必須のスキル

インターネットが普及し、技術の発展もめざましい昨今、著作権や特許などのニュースは日々世間を騒がせています。
今や「知的財産」は個人にとっても企業にとっても、身近な存在。そのため、知的財産についての正しい知識と活用方法を知っておくことは、現代人に必須の力となりつつあります。
そんな知的財産を管理・活用して、所属する企業や団体に貢献するのが、知的財産管理技能士です。

そもそも「知的財産」って何ですか?

人間が頭で考えて生み出したアイデアや、音楽や小説といった創作物の内容のように、形はなくとも、経済的な価値が認められているもののことを指します。

主な知的財産

閉じる

累計申込者数は、2015年に24万人を突破!

累計申込者数

知的財産管理技能士は2008年から試験が開始された、比較的新しい資格です。
新しいとはいえ、累計申込者数は2015年に24万人を突破。企業法務部の方以外にも、研究・開発職から、音楽・マンガなどのコンテンツビジネスに携わる方々の中でも、年々その存在感を増しています。

  • 累計申込者数は知的財産教育協会実施結果データより

幅広い業界から受検者が多数!
就職・転職時の強力なアピールに

知的財産は、権利を保有して活用すれば、企業にとって大きな利益を生む一方、誰かがうっかり侵害してしまうと、訴訟や損害賠償などのリスクにつながります。これらは業態・職種を問わず同じこと。
あらゆる業界で、保有する知財を上手く使って利益を生み出す力と、万が一の時に適切な対応ができる力、その両方を備えた人材が求められています。

知的財産管理技能士の取得を推奨している主な企業

旭化成(株)、(株)朝日新聞社、味の素(株)、(株)NHKエンタープライズ、花王(株)、カルビー(株)、キユーピー(株)、コクヨ(株)、シャープ(株)積水化学工業(株)、ソニー(株)、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、大日本印刷(株)東京海上日動火災保険(株)、(株)東芝、(株)バンダイ、富士フイルム(株)、富士通(株)、三井化学(株)、(株)三菱総合研究所、(株)ゆうちょ銀行、(株)ワコール   など

出典:知的財産教育協会ホームページ

1つの会社の中でも、活躍の場はこんなにたくさん!

1つの会社の中でも、活躍の場はこんなにたくさん!

知的財産の知識は、知財部や法務部などの専門部署だけではなく、様々な職種で活かせます。
今の職場で、「きっと大丈夫だろう…」とあいまいに進行している業務が、もしかすると著作権侵害といった重大リスクと隣り合わせであったり、それとは逆に、商標登録・特許出願等を通じて会社に大きな利益をもたらす可能性を秘めているかもしれません。

比較的、挑戦しやすい国家資格です。

「国家資格だし、なんだか難しそう…」という印象があるかもしれませんが、知的財産管理技能検定の試験は、数ある法律のなかの「知的財産権」に関連する分野のみを扱うので、他の法律系資格より試験範囲が狭く、挑戦しやすい資格です。試験回数は年3回で、チャンスも豊富!

独学でも合格できますか?

独学で挑戦される方もいらっしゃいますが、3級と比べて2級は合格率も半分以下となるため、つまずく方が多いようです。
実は、2級の試験範囲の多くは3級と重なっているため、間をおかず続けて学んだほうが合格しやすいのです。
2級合格に向けて、一度にダブルで対策できるユーキャンの知的財産管理技能士(2・3級)講座を選ぶことをオススメします。

こんな方におすすめ

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)