医師事務アシスタント

資格のメリット

受講お申込み

求人が増える見込みも。取得はお早めに。

有資格者は少なめ。就職のアピールに。

平成20年度の診療報酬改定により、急性期医療を担う病院では診療報酬の加算の対象になったため、注目されている「医師事務作業補助者」。給与水準も、常勤であれば月24万円程度(※)と比較的高めです。

未経験であれば、資格取得がアピールに。有資格者が少ない今が狙い目です。

※厚生労働省による「病院勤務医の負担軽減の実態調査報告書」(平成 20 年度調査)より。235施設の平均値。

病院にとってもうれしい。雇うメリットあり。

医師の負担が軽くなれば、病院の環境改善につながることも。医師のやる気が上がり、診療の質もアップ。待ち時間が減り、患者さんにより満足してもらえるように。

好循環を生む人材として期待されています。



医師事務作業補助者の設置が奨励されています。

高齢化で医療ニーズが増え、お医者さんの負担も増加傾向。この状況を改善するために、厚生労働省が医師のサポート業務をおこなう人材の設置を促進しています。

就職を考えている方にとっては、まさに追い風。

病院勤務医の負担軽減は、社会的な課題です。

平成22年度の「診療報酬改定の基本方針」において、「病院勤務医の負担の軽減」が重点課題として挙げられました。この課題に対して、厚生労働省は、「医療クラークの配置の促進」の検討が必要であるとしています。

平成26年度の診療報酬改定においても「医療従事者の負担を軽減する視点」は引き続き盛りこまれ、医師事務作業補助者に対する診療報酬加算の新たな評価方法がつくられました。

医療事務からのステップアップにも。

医療事務を長く経験した方が、ステップアップのために目指すことも。

医療事務がおこなう「診療報明細書(レセプト)」の知識は、医師事務作業補助者でも活かせます。病院での活躍の場が広がります

※医師事務作業補助者は、診療報酬請求業務(レセプト業務)は行いません。また、医療事務と兼務することはできません。

医療事務との違い