医師事務アシスタント

よくある質問

受講お申込み

【重要】資格と研修についてのよくある質問

資格を取得すれば医師事務作業補助者になれますか?

医師事務作業補助者として働くうえで特に資格は必要ありません。(※)
医師事務作業補助者として働くには、医療機関に勤め、医師事務作業補助者として業務に就くことが決まったところから6カ月間の研修を受ける必要があります。また、週4日以上を常態として勤務し、かつ所定労働期間が32時間以上勤務する職員であることなどが条件です。

※但し、医師事務作業補助者として必須とされる知識を習得していることが証明されている資格保有者は、まったく知識のない初心者より研修内容を理解しやすく、医療機関にとって求めている人材といえます。

医師事務作業補助者の研修は、いつ受けるんですか?

医師事務作業補助者の研修は、医療機関に勤め、医師事務作業補助者として業務に就くことが決まったところから6カ月間研修を受ける必要があります。

※資格取得時期と研修は関係ありません。上の質問にもありますように、資格取得は、研修とはまったく別のものとお考えください。

医師事務作業補助者の研修はどこで受けるんですか?

研修は、就業先の医療機関で行います。研修には、医療機関が独自で行う院内研修と、外部で行われる研修会があります。どのように研修をうけるかは勤めた医療機関の方針により異なってきます。

研修の内容はどのようなものですか?

医師事務作業補助者の業務として必要な、医療文書の作成やカルテの代行入力などを行うための研修で、内容は厚生労働省により指定されています。
具体的に例をあげますと、下記のような項目があります。
・医師法、医療法、薬事法、健康保険法等の関連法規の概要
・個人情報の保護に関する事項
・医療機関で提供される一般的な医療内容及び各配置部門における医療内容や用語等
・診療録等の記載・管理及び代筆、代行入力
・電子カルテシステム(オーダリングシステムを含む。)

その他の質問はこちら

気になる疑問ランキング

医師事務アシスタントって何ですか?

医師事務アシスタントの正式名称は、「医師事務作業補助者」です。医師のかわりに事務作業を行う「医師事務作業補助者」に必要な、スキルや知識を証明する資格です。

試験にテキストを持ち込めるって本当ですか?

はい、テキストや電卓などの持ち込みが許可されています。
基本的な知識とスキルが身についていれば、細かい箇所はテキストを見ながら回答できるので、受験しやすい試験です。

医療事務との違いは?

医療事務のおもな仕事はレセプト請求業務です。これに対し、医師事務作業補助者はカルテや診断書などの「医療文書作成」をおこないます。
また、医療事務は受付・会計業務もおこないますが、医師事務作業補助者は医師の補助作業しかおこないません。医療事務と医師事務作業補助者は、兼任することができません

医療事務と兼任することはできますか?

医療事務と兼任することはできません
ただし、医療事務で学ぶレセプト請求の知識は、医師事務作業補助者の仕事においても役立ちます。
医療事務からステップアップを目指す方には、おすすめです。

資格のメリットは?

平成20年度の診療報酬制度改定以降、急性期医療を担う病院では診療報酬が加算されるため「医師事務作業補助者」に注目が集まりはじめました。まだ有資格者が少ないので、早めの取得がおすすめです。
実務経験のない方は、就職の際に資格を持っていると高評価につながることも。

ページの一番上へ

医師事務アシスタントの資格について

医師事務アシスタントって何ですか?

医師事務アシスタントの正式名称は、「医師事務作業補助者」です。医師のかわりに事務作業を行う「医師事務作業補助者」に必要な、スキルや知識を証明する資格です。

閉じる

医師事務作業補助者という国家資格があるのですか?

いいえ、国家資格ではありません。医師事務作業補助者には、複数の民間資格があります。
当講座では、技能認定振興協会が実施してる医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト(R))検定試験に対応しております。

閉じる

資格のメリットは?

平成20年度の診療報酬制度改定以降、急性期医療を担う病院では診療報酬が加算されるため「医師事務作業補助者」に注目が集まりはじめました。まだ有資格者が少ないので、早めの取得がおすすめです。
実務経験のない方は、就職の際に資格を持っていると高評価につながることも。

閉じる

医療事務との違いは?

医療事務のおもな仕事はレセプト請求業務です。これに対し、医師事務作業補助者はカルテや診断書などの「医療文書作成」をおこないます。
また、医療事務は受付・会計業務もおこないますが、医師事務作業補助者は医師の補助作業しかおこないません。医療事務と医師事務作業補助者は、兼任することができません

閉じる

ページの一番上へ

医師事務アシスタントの仕事について

どんな仕事をするのですか?

医師の指示のもと、診断書や紹介状の作成、カルテへの記入などをおこないます。
その他にも、学会の資料作成や行政への報告なども。医師の負担が減るように、事務的な作業全般をかわりにおこないます。

閉じる

医療事務と兼任することはできますか?

医療事務と兼任することはできません。
ただし、医療事務で学ぶレセプト請求の知識は、医師事務作業補助者においても役立ちます。
医療事務からステップアップを目指す方には、おすすめです。

閉じる

ページの一番上へ

試験について

受験料はいくらですか?

税込み6,700円です。変更になる場合もございますので、必ず技能認定振興協会のホームページでご確認ください。
なお、受験料は講座の費用に含まれません。

閉じる

試験にテキストを持ち込めるって本当ですか?

はい、テキストや電卓などの持ち込みが許可されています。
基本的な知識とスキルが身についていれば、細かい箇所はテキストを見ながら回答できるので、受験しやすい試験です。

閉じる

試験の内容は?

学科試験と実技試験に分かれています。学科試験では選択問題と記述問題がそれぞれ出題され、実技試験ではカルテから診断書や処方せん等を作成する文書作成問題が出題されます。

閉じる

受験制限はありますか?

ありません。性別、年齢、実務経験の有無にかかわらず、どなたでも受験することができます。

閉じる

ページの一番上へ

この講座について

教育訓練給付金制度に対応していますか?

当講座は教育訓練給付金対象講座ではございません。ご了承ください。

閉じる

学習スケジュールを知りたいのですが?

下のリンクより、目標試験月をご確認いただけます。
なお、教材とともにあなた専用の学習スケジュールもお送りいたします。それに沿って、自分のペースで学習を進めていただけます。

閉じる

教材以外に何か買う必要はありますか?

基本的に、教材を買い足す必要はございません。
メインテキストだけでなく、演習問題集や用語集といった副教材も充実しているため、当講座の教材だけで安心して合格を目指していただけます。

閉じる

学習中わからないことが出てきたら質問しても大丈夫?

受講期間中であれば、学習中わからないことが出てきたら、お気軽にご質問ください。講師、指導スタッフが丁寧にお答えいたします。(ただし1日あたりの質問数には制限を設けさせていただいております)。

  • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。通信料はお客様のご負担となります。

閉じる

ページの一番上へ

お支払い・配送方法について

送料はかかりますか?

全国どこでも、送料は当社負担です。

閉じる

分割払いはできますか?

はい。分割払いの場合、月々3,300円×14回=合計46,200円のお支払いとなります。(税込み)

閉じる

クレジットカードは利用できますか?

インターネットからのお申し込みの場合、クレジットカードをご利用いただけます。(詳細)

ただし、時期によってはクレジットカードをご利用できない場合がございます。詳しくは費用のページをご確認ください。

閉じる

申し込んでから教材が届くまで、どのくらいかかりますか?

通常、お申し込みをいただいてから、10日前後で教材セットをお届けいたします。学習に必要なものはすべてそろえてお届けしますので、すぐに学習を始められます!

時期によって、一部教材が後送になったり、お待ちいただく場合がございます。

閉じる

返品は可能ですか?

はい。教材をご覧になって、万一お気に召さなかった場合や、ご受講を取り消される場合、教材到着後8日以内であればご返品できます。(取り消し料不要、返送料のみご負担ください。)

閉じる

購入後に追加でかかる料金はありますか?

追加料金はございません。また、標準学習期間は4ヵ月ですが、受講開始日から1年間は全ての指導サービスがご利用になれます!

 

※ただし添削提出等の郵税および学費の払込手数料はご負担いただきます。

閉じる

ページの一番上へ