医師事務アシスタント

試験のポイント

受講お申込み

テキスト持ち込みOK。受けやすい試験です。

70%以上の得点で合格できます。

当講座で合格を狙えるのは、医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト(R))検定試験。学科試験と実技試験に分かれています。

各分野で半分以上正解し、さらに全体で70%超えていれば、合格できます。

本番試験は、テキストを見ながらでOK。

試験は会場で実施されますが、なんとテキストやノートの持ち込みOK

基本的な知識とスキルが身についていれば、細かい暗記は不要です。合格率は約40〜60%と比較的高めです。

  • 2015年に行われた試験の合格率は、技能認定振興協会のホームページによれば、以下の通りです。
    2015年1月 57.1%
    2015年5月 60.9%
    2015年9月 45.5%

文書作成問題は、しっかり練習を。

実技試験では、カルテから診断書や処方せん等を作成する文書作成スキルが問われます。実務にも直結する内容なので、しっかり練習を。

さまざまなケースに対応できる応用力を磨けば、どんな問題が出ても安心です。

合格のチャンスは年に3回も!

試験は年3回、1, 5, 9月。チャンスが多いので、勉強を始めるタイミングを自分の都合に合わせられます。

受験資格は特になく、実務経験も不問。初めての方も気軽にチャレンジできます。

受験資格 特にありません。
資格名称 医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト(R))
実施団体 技能認定振興協会
試験時期 年3回(1月、5月、9月)
受験形態 会場試験のみ
受験内容 学科試験/選択問題、記述問題
実技試験/文章作成(カルテから診断書や処方せん等を作成する問題)
合格基準 各分野で50%以上の得点をし、且つ、合計で70%以上の得点
受験料 7,500円(税込) ※2017年1月試験より、受験料が左記の通り改定されます。
  • 一部の都道府県では、年3回試験が実施されない場合がございます。必ず事前に(株)技能認定振興協会に問い合わせ、ご希望の試験会場と試験実施月をご確認ください。
  • 受験料は学費に含まれません。
  • 詳細な情報は、技能認定振興協会のホームページでご確認ください。

合格までのスケジュール