医師事務アシスタント

医療事務との違い

受講お申込み

医療事務とはどこが違うの?

レセプトではなく、診断書やカルテを作成。

まず、お仕事で扱う書類がちがいます。診療報酬を計算し、「レセプト」を作るのが医療事務。

医師事務作業補助者は、お医者さんの指示のもと「診断書」を作ったり、「カルテ」を作ったりします。

患者さんより、医師とのやりとりがメイン。

医療事務には、「病院の窓口」としてのお仕事も。受付やお会計など、患者さんとの接点が多いのが特徴です。

一方、医師事務作業補助者はお医者さんのサポート役。医師の業務の一部を、かわりにおこないます。

まずは研修から。職場ごとの業務を習得。

医師事務作業補助者として働く場合、就職先の医療機関で、6ヵ月以内に32時間以上の研修を受けなければなりません

当講座が対応している「医師事務作業補助者(ドクターズ・オフィスワークアシスト(R))」検定試験に合格しても、研修は免除されません

医療事務のお仕事と兼任はできません。

医師事務作業補助者は、医療事務と兼任できません

お医者さん以外への業務補助は、原則認められていないからです。医療事務の知識は医師事務作業補助者にも活かせるので、医療事務からのステップアップはOK。

試験のポイント