医師事務アシスタント

医師事務アシスタントとは

受講お申込み

忙しい医師のかわりに診断書やカルテを作成。

お医者さんの負担軽減。事務作業をかわりに。

医師事務アシスタントの正式名称は、「医師事務作業補助者」。
忙しいお医者さんが、診療・診察に集中できるようかわりに事務作業をおこなうのが医師事務作業補助者です。
平成20年に制度が変わり、急性期医療を担う病院では、医師事務作業補助者を設置すると、それを診療報酬として加算できるようになりました。

平成20年の制度改定が、追い風に!

。平成20年に診療報酬制度が改定され、急性期医療を担う病院では、医師事務作業補助者を設置すると、それを診療報酬として加算できるようになりました。

医師の負担を軽減するために、医師事務作業補助者を病院に置くことを国が推奨しています。今後、需要が増える見込みもある、有望資格です。

病院によって、医師事務作業補助者の呼び方は異なり、医療クラーク・メディカルアシスタント(MA)・医療秘書などと呼ばれることも。

診断書をつくったり、証明書を書いたり。

日々山のように医師のもとに届く、診断書や証明書などの作成依頼。これらの「医療文書」を作るのも仕事の1つです。

下書きを作り、医師のチェックを受ければ完成。なるべく早く患者さんにお渡しできるよう努めます。



患者さんのカルテ作成には、細心の注意を。

患者さんへの処置の内容や診断名などを、カルテに記入。ミスなく入力するために、一般的な医学用語を知っておく必要があります。

最近では電子カルテを導入している病院も多く、パソコンスキルが求められることも。



学会の準備も仕事のうち。お医者さんと二人三脚。

医師が学会に参加するときには、その準備もお手伝い。データ収集や、資料の作成をサポート

「手術の術後について」「治療の成果」など、医師の発表内容に合わせて、カルテをひもとき、わかりやすくまとめます。



ヒヤリ・ハットを防ぐため、事例の報告も。

命をあずかる医療現場では、安全管理がもっとも重要な課題。

医療事故につながりうる事例(ヒヤリ・ハット事例)を集め、厚生労働省などの行政機関に報告するのも、医師事務作業補助者の仕事です。

資格のメリット