忙しいお医者さんをサポート。医師事務アシスタント講座

一括払い45,000円(税込み・送料当社負担)

  • 受講お申込み
  • 資料請求(無料)

医師事務アシスタントとは?
−忙しいお医者さんのかわりに、診断書やカルテを作成します。

診断書やカルテ、証明書などの医療文書をつくるのがおもなお仕事です。

どんな試験?
−学科試験に加え、実技試験も。ただし、テキストやノートの持ち込みOKです。

合格のチャンスは、年3回。テキストやノートを見ながら受験できます。

医師事務アシスタントの正式名称は「医師事務作業補助者」。医師の負担を軽くするために、かわりに診断書の作成や、カルテへの記入をおこないます。
平成20年に診療報酬制度が改定され、急性期医療を担う病院は、医師事務作業補助者の設置に対して、診療報酬を加算することができるようになりました。厚生労働省が設置を促進していることもあり、これから有望な資格と言えます。
当講座で合格を狙えるのは、医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト(R))検定試験。技能認定振興協会により年3回、試験が行われています。テキストや資料集を見ながら解答できるので、比較的受験しやすい資格です。

ユーキャンの「医師事務アシスタント講座」は、学科試験にも実技試験にも、しっかり対応。カルテを読んで診断書や処方せんを作成する実技試験には、専用の問題集をご用意しました。医療分野は初めて、という方でも安心して学習していただけるメインテキストは、なんとたったの3冊。就職後も使える略語・用語集や、資料集もセットです。

医療事務との兼任ができないので、興味をお持ちの方は2講座ともに資料請求し、ご自身に合った方を選択されることをおすすめします。