食生活アドバイザー(2級・3級)

他の資格との違い

資料請求(無料)

他の資格とどう違うの?

「“食”に関する資格っていろいろあるけど…どこが違うの?」
代表的な食の資格は食生活アドバイザーのほかに、管理栄養士調理師があります。
ここでは、試験内容や資格取得後の活躍の場を中心に3つの資格の違いをご紹介!

【違いその1】受験資格が違う

管理栄養士や調理師には、資格試験を受けるために受験資格が必要です。
一方、食生活アドバイザーには受験資格はありません
年齢・性別・学歴・経験など関係なく、どなたでも受験できます。

【違いその2】活躍の場が違う

調理師は料理を作る分野が専門。管理栄養士は栄養学の分野が専門となります。
一方、食生活アドバイザーはライフスタイルから食を見直し健康な生活を送るための提案をする、食のスペシャリストです。活躍の場は幅広く、学習した知識が多くの場面で活かせます。

まとめると食生活アドバイザーなら

関連資格を合わせて身につけることで、仕事や知識の幅がグッと広がる!

食に関する幅広い知識を持つ食生活アドバイザー。調理師や管理栄養士とは異なり受験資格に制限がないので、食の資格の第一歩として最適です。
大手企業でも取得を推奨されている資格ですので、資格取得後に昇給昇格の期待も!
他の食の資格と合わせて取得することで、知識の幅がグッと広がります。

次のページで問題にチャレンジ!

どなたでも受験できて、資格取得後は活躍の幅が広い食生活アドバイザーのメリットは感じていただけましたか? 次のページでは、実際に食生活アドバイザーの問題に挑戦してみましょう!

あなたは何問解けますか? 食アドの試験問題にチャレンジ!

コンシェルジュに質問する