ITパスポート合格指導講座

MOSとの違い

資料請求(無料)

問われるのは業務への理解か?実務スキルか?

「MOSは何となくわかるけど、ITパスポートと何が違うの?」
「資格を取ると、会社で実際にどう役立つの?」

ITパスポートMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)。どちらもIT業務のスキルが身につくイメージがありますが、資格の目的や試験方法は全く異なります。

ここでは、両資格の違いを3つの切り口からご紹介します。

違いその1 資格の目的が違う!

MOSは、エクセルやワードといった特定のソフトの操作スキル向上を目的としています。
一方、ITパスポートは、IT関連の業務はもちろん、経営戦略やマネジメントといった、IT以外の幅広い基礎知識まで学ぶことを目的としています。

いわば、仕事をする上の根本となる知識が学べるのがITパスポートです。

ITパスポート MOS マネジメント 企業活動 ネットワーク

※上のイラストはイメージです。ITパスポートとMOSが直接関係しているわけではありません。



試験の科目が違う!

MOSの試験では、ワードやエクセルなどのソフトをどれだけ使いこなせるかというスキルを測定するための問題が出題されます。一方、ITパスポートの試験では、IT技術や経営・管理の基礎知識について3つの分野から出題されます。

ITパスポートの試験で問われることの多くは、基本的な知識や用語なので、実務経験の有無にかかわらず誰でもチャレンジできますが、どの分野もまんべんなく学習しておく必要があります。

MOS ITパスポート
資格の種類 民間資格 国家資格
受験資格 制限なし。
どなたでも受験できます。
制限なし。
どなたでも受験できます。
試験科目 ・Word
・Excel
・Power Point
・Access
・Outlook
・ストラテジ系…経営全般に関する基本的な知識
・テクノロジ系…IT技術に関する基本的な知識
・マネジメント系…IT管理に関する基本的な知識
ITパスポートの3つの分野の具体的な試験範囲は?

【ストラテジ系】
 ●企業と法務
  ・企業活動
  ・法務
 ●経営戦略
  ・経営戦略マネジメント
  ・技術戦略マネジメント
  ・ビジネスインダストリ
 ●システム戦略
  ・システム戦略
  ・システム企画

【マネジメント系】
 ●開発技術
  ・システム開発技術
  ・ソフトウェア開発管理技術
 ●プロジェクトマネジメント
  ・プロジェクトマネジメント
 ●サービスマネジメント
  ・サービスマネジメント
  ・システム監査

【テクノロジ系】
 ●基礎理論
  ・基礎理論
  ・アルゴリズムとプログラミング
 ●コンピュータシステム
  ・コンピュータ構成要素
  ・システム構成要素
  ・ソフトウェア
  ・ハードウェア
 ●技術要素
  ・ヒューマンインターフェース
  ・マルチメディア
  ・データベース
  ・ネットワーク
  ・セキュリティ

閉じる



試験の方法が違う!

どちらもパソコンを使った実技試験(CBT)ですが、正解へのアプローチ方法が異なります。
MOSの場合はマウスやキーボードを駆使して、実際の課題通りに操作できるかを問うのに対し、ITパスポートは、実技ではなく四肢択一のテストとなります。

つまりITパスポートは、実技ではなく、知識が問われる試験なのです。

mos6

初めてでも十分合格が狙える試験です!

「ITパスポートって仕事に広く役立ちそうだけど、難しそう…」と思った方もご心配なく!
3分野とも、試験で問われるのは基本的な知識なので、 ,,、、、初めてでもきちんと対策すれば十分合格が可能!
また、ITパスポート試験には受験制限がないので、どなたでも受験できます! IT業界以外の方や文系の受験者も多数合格しています。

初心者目線にこだわったユーキャンのITパスポート通信講座なら、初めてでもムリなく短期合格が狙えます。

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する