土木施工管理技士(1級)

1級土木施工管理技士とは

資料請求(無料)

土木施工管理技士は、あらゆる土木建設に携わる資格

河川、港湾、道路、鉄道、上下水道など、社会生活の様々な場面でわたしたちを支える建造物の建設に欠かせないのが土木施工管理技士。

中でも、1級土木施工管理技士は、建設に関わるあらゆる工程に携わる現場の責任者として、とても重要な役割を果たしています。

土木工事の“現場責任者”として第一線で活躍!

名実ともに最高レベルの技術者「監理技術者」に

「土木施工管理技士」1級取得者は、現場責任者である「監理技術者」となって、土木工事現場で働く人々をまとめ、工程・安全・品質などの管理を行うことができます。


工事の受注にも大きく貢献!

土木施工管理技士の資格所持者が勤めている企業には国から技術評価点が付与されます。その点数は1級で「5点」 、 2級で「2点」になります。

この点数が多いほど会社の格付けも上がり、結果として受注の機会も増えるので、会社に貢献することになるのです。

就職・転職でも有利!

1級土木施工管理技士は、その確かな知識と力量が国から認められた最高レベルの技術者です。
資格取得がそのまま就職・転職の際の大きな武器になります。

現場を指揮する「監理技術者」になれるのが強み 

土木施工管理技士には、1級と2級があり、1級の強みは現場を指揮する「監理技術者」になれること。

2級では、作業工程ごとの責任者である主任技術者になれます。
ただし、元請として3,000万円以上を下請させたときは、元請から下請の現場に派遣する技術者(=監理技術者)は1級の有資格者でなければなりません。
つまり1級を持っていれば、最高責任者として現場のすべてを取りしきる、重要な役割を任されるというわけです。

また、ユーキャンでは、2級土木施工管理技士講座もご用意しております。「着実に資格を取りたい」という方は、まずは2級資格取得をおすすめします。

講座のコースは2つ

ユーキャンの1級土木施工管理技士合格指導講座では、学科から実地まで学ぶ「総合コース」、実地試験のみ受験される方のための「実地試験対策コース」の2コースをご用意しています。
※下表の「学習期間の目安」は一例です。

【総合コース】

学科から実地まで学ぶコースです。

標準学習期間:6ヵ月 
添削課題:全9回

※教育訓練給付制度対象コース

学習期間の目安 科目名 添削課題提出
1ヵ月 1 土木一般 第1回添削
2ヵ月 2 専門土木 第2回添削
3ヵ月 3 法規・共通工学 第3回添削
4ヵ月 4 施工管理 第4回添削
第5回添削
5ヵ月 総復習
模擬試験


第6回添削(学科模擬試験)
第7回添削(経験記述)
第8回添削(経験記述)
第9回添削(実地模擬試験)
6ヵ月 5 実地試験

【実地試験対策コース】

実地試験のみ受験される方のためコースです。

標準学習期間:3ヵ月 
添削課題:全3回

※教育訓練給付制度対象外

学習期間の目安 科目名 添削課題提出
1ヵ月 テキスト学習 第1回添削
2ヵ月 過去問にチャレンジ 第2回添削
3ヵ月 総復習 第3回添削


試験について詳しく! 資格・検定試験ガイド

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)

一括払い

69,000
(税込み・送料当社負担)

教育訓練給付制度
(一般教育訓練)対象

総合コースの金額です。

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み