電験三種

電験三種とは

資料請求(無料)

持っているだけで武器になる国家資格

安定収入! 中高年にも有利! “電気のエリート資格”

「電験」とは、「電気主任技術者試験」の略称で、電気に関する知識と技術を証明する国家資格です。
発電所や変電所、工場やビルの受電設備や配線など、電気設備工事・保守・運用に関する保安監督が主な仕事になります。
電験三種は電気関係の仕事で成功するために欠かせない資格です。電気業界のみならず、建設・ビル管理業界など求められる場は多くあります。

資格があればこんなに有利

メリット1ニーズが高い!

オール電化が進む現代では社会的ニーズが高く、将来的にも需要のある注目の資格です。

メリット2職場での評価がアップ!

電気業界におけるグレードが高く評価されている資格です。有資格者は職場にとって貴重な存在になり、資格手当や昇進・昇給などの好待遇に結びつくチャンスも!

メリット3関連業界への就職・転職にも強い!

現在電気業界に身を置く人はもちろん、これから電力・電鉄・ビル管理などの業界へ就職・転職を考えている人にとっても、この資格は大きな力になります。

上級資格に直結する資格です

電験の資格には、一種、二種、三種の3つがあります。当講座で目指す三種よりもさらに上級の資格が一種、二種です。
三種を取得していると、上級の二種を無試験で取得することも可能です。これは三種を持っている人が所定の年数、実務に携わったという“就労証明”があれば認定される制度によるものです。
同様に二種取得後も一種への実務経験によるステップアップが可能。経験だけによって無試験で上級資格の取れる国家資格は他にあまり例がなく、こうした点からも電験は大変有利な資格と言えます。

上級資格に直結する資格です

試験について詳しく知りたい!

一括払い

69,000
(税込み・送料当社負担)

教育訓練給付制度
(一般教育訓練)対象

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み