消防設備士

消防設備士とは

資料請求(無料)

消防用設備等を点検・整備・工事できる国家資格!

幅広い分野で活躍が期待される注目の資格!

『消防設備士』とは、建物に設置されている「消火器」や「感知器」といった消防用設備等を、点検・整備・工事することができる国家資格です。
特に、ビル管理・メンテナンス業界の企業にとっては活躍が期待できる“ぜひとも欲しい人材”と言えます。

仕事内容によって、大きく「甲種」と「乙種」に分かれる

消防設備士は、行える仕事内容によって大きく「甲種」と「乙種」に分かれています。

また、扱う消防用設備等によって8つに分類されており、そのうち第1〜5類はそれぞれ「甲種」と「乙種」に分かれるため、全部で13種類になります。消防用設備等を扱うためには、該当する類の資格を持っていなければなりません。

試験もこの13種類に分かれて行われます。そのため、あなたがご希望する類の試験に絞った受験が可能となります。

消防用設備等とは・・・

消防用設備等とは、消火器や感知器、発信機など、火災をはじめとした災害時に、消火などに必要な設備・器具のことです。

消火設備や警報設備、避難設備などに大別されます。

「甲種」と「乙種」の受験資格と、選べる4コース

お持ちの資格を活かせる甲種、誰でも受験できる乙種

甲種の受験には、資格や一定の学歴が必要です。一部の資格には受験科目免除もあります。お持ちの資格を活かして、合格を目指せます。

乙種は学歴や実務経験、年齢、性別など制限がなく、どなたでも受験が可能。初めての方でもすぐにチャレンジできます!

希望される類の試験に対応した選べる4コース

消防設備士の13種類の資格のうち、本講座は、甲種1類4類乙種4類6類4種類の試験に対応しています。

それぞれの類ごとに合格に必要な教材だけをセットしてお送りいたします。

【資格の種類】

資格の種類 工事整備対象設備等
甲種 特類 特殊消防用設備等
甲種または乙種 第1類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
第2類 泡消火設備
第3類 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
第4類 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
第5類 金属製避難はしご、救助袋、緩降機
乙種 第6類 消火器
第7類 漏電火災警報器

有資格者になると・・・

ニーズが高く、就職・転職に有利!

特にビル管理・メンテナンス業務を行う企業にとっては必須の資格。最近では防災に関する幅広い技術と知識を求められ、消防設備士の重要性も高まってきています。

日本全国どこでも通用する!

消防設備士の資格を取得すれば、日本全国どこでも消防設備士として働くことができます。資格を取得することの強みは、全国どこでも変わりませんので、ご安心ください。

他資格の受験資格が得られる!

消防設備士の資格を取得すると、『防火管理技能者』や『消防設備点検資格者』などの受講資格が得られます。関連資格も取得することでステップアップが狙いやすくなります。


試験について詳しく! 資格・検定試験ガイド

一括払い

43,000
(税込み・送料当社負担)

甲種1類コースの金額です。

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み