古武術介護[やさしい介護術]

古武術介護とは

資料請求(無料)

介護する側と受ける側、双方に負担が少ない介護術

介護の現場では、体を移動させたり、起こしたりする作業において、腰や肩を痛めてしまう介護者が多くいます。また、無理に力を入れて介助をしてしまうことにより、介護を受ける側にも大きな負担がかかることがあります。

そんな介護をする側、受ける側、双方のためになる、筋力に頼らず体に負担がかかりにくくなる介護術、それが古武術介護です。
体格差やマヒの程度、車いすの高さ…どんな状況でも対応できるように!

古武術介護の提唱者、岡田慎一郎先生が実践・解説!

介護福祉士、理学療法士。
身体障害者施設、高齢者施設での介護職員を経て、介護講師として活躍。武術家の甲野善紀氏との出会いにより、古武術の身体運用に触れ衝撃を受ける。以降、甲野氏に師事し、武術家の身体運用を参考にした独自の介助法を研究・実践。
全国でセミナー、講演を行っている。著書多数。

→先生が古武術介護のポイントをわかりやすく解説!(2分4秒)

普段の暮らしにも役立つ!

「効率的な体の使い方」を覚えると、日常生活や趣味のスポーツにも活かせます!

教材を詳しく見る!

一括払い

29,000
(税込み・送料当社負担)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み