准サービス介助士

准サービス介助士とは

受講お申込み

身体の不自由な人などを正しくサポートできる人材!

身体の不自由な人などを正しくサポートできる人材!

街の中で、視覚に障がいのある人や車いすを使用する人が困っている時に、どうお手伝いしたらいいかわからない…そんな経験はありませんか?
准サービス介助士とは、高齢の人や身体の不自由な人への正しい介助知識と技術を身につけた人材。福祉意識や高齢化が進むなかで、ニーズが高まっている注目資格です!

今後役立つ知識が身につく!!

気持ちのくみ取り方や、やさしい接し方がわかる!

加齢による身体の変化から、高齢者がかかりやすい病気、認知症の人への介助方法まで詳しい知識が身につきます。不安なく過ごしてもらうための接し方がわかります。


落ち着いて適切な対応がとれるように!

車いすを使用する人へのお手伝い方法、視覚や聴覚に障がいがある人へのコミュニケーション方法など、街の中ですぐ実践できる知識が身につきます。

『准サービス介助士』と『サービス介助士』って何が違うの?

准サービス介助士は、テキストとDVDで介助の知識を学び、自宅で受験できます(実技教習はありません)。
准サービス介助士に合格すると、公益財団法人日本ケアフィット共育機構が主催するサービス介助士講座を、課題提出免除の条件での受講が可能となります。2日間の実技教習と検定筆記試験(別途受講料が必要)に合格することで、サービス介助士の資格が付与されます。
サービス介助士へのステップアップ受講のご案内は、准サービス介助士合格後にお届けいたします。

様々な場所で活躍できます!

駅・空港で…

駅構内・空港施設内での移動などに介助を必要とする人も、准サービス介助士がいれば移動がスムーズになり、外出しやすくなります。


デパート・スーパー・飲食店で…

介助を必要とする人でも、お店に准サービス介助士がいると分かれば安心して買い物ができます。すでに接客の現場でお仕事をされている方にオススメ!


他にも…

金融機関宿泊施設など、多くの人が集まる場所では、おもてなしの心と介助知識を身につけた准サービス介助士は頼もしい存在です。

受験資格なし。いつでも好きな場所で受けられます♪

福祉系資格のなかでも難易度が低く、学習範囲も限られている准サービス介助士。

受験資格もなく、ユーキャンの添削課題と検定試験(自宅でOK♪)を提出し合格すれば、そのまま資格取得できます。手軽に役立つスキルを身につけたい方におすすめです!

4ヵ月で正しい介助スキルが身につく!

受講お申込み

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細