2級建築士

2級建築士 攻略のポイント

資料請求(無料)

2級建築士試験の出題傾向をおさえた学習方法が重要です!

  • 1. 学科試験は、6割正解すれば合格!
  • 2. でも…許された時間は1問あたり、たった3分半!
  • 3. しかも設計製図試験はスピード&正確性勝負!


2級建築士試験は、出題範囲が広く、設計製図試験対策も必要です。 そのため、やみくもに学習することは効果的とは言えません。 出題傾向を押さえた学習が重要になります。

学科試験は、6割正解すれば合格

合格ラインは例年60% 的を絞った対策が有効!

学科試験は4科目で計100問が出題されますが、合格ラインはここ数年60点です(ただし、科目ごとの合格基準点をクリアする必要があります)。

つまり合格のためには満点を目指す必要はありません。「膨大な出題範囲から学習範囲をいかに絞るか」が合否の大きな分かれ目です。

  • 合格基準については、問題の難易度を考慮し、補正が加えられることもあります。

そこでユーキャンは!

日建学院のノウハウをもとに学習範囲を絞り込んだ、オリジナルテキスト!

試験に出るところを徹底分析したオリジナルテキスト4冊

ユーキャンの基本テキストはたった4冊! 膨大な試験範囲から試験に出るところを徹底分析し、この4冊にまとめました。

教材開発には、あの「日建学院」が全面協力! 重要ポイントを適切に絞り込めるのは、長年にわたる試験データの蓄積と分析経験があってこそです。

日建学院の分析ノウハウと、ユーキャンの教材作成ノウハウとを組み合わせたこの教材なら、頻出ポイントを効率的に学べます。

でも…許された時間は1問あたり、たった3分半

学科試験は計100問、時間は計6時間です。 1問あたり、およそ3分半で解かなくてはなりません。
つまり問題を見て瞬時に反応できる力をつける必要がありますが、そのためには練習量がモノを言います

そこで大きな武器になるのが過去問対策。実は2級建築士試験では、過去問と似た問題が多く出題されます。 過去問対策が合否を決めると言っても過言ではありません。

出題される可能性が高い良質な問題を、徹底的に繰り返して学習することが、試験時のスピードと正確性を生み出します。

そこでユーキャンは!

分野別にまとめた過去問集で、重要なところを徹底対策!

分野別にまとめた過去問集で弱点補強

実践力をつけるには、良質な過去問をどれだけ解いたかが重要です。
膨大な過去問をやみくもに解いても、労力の割に効率はよくありません。

そこでユーキャンでは、過去問を似た問題同士でまとめた「体系別本試験問題集」を4冊ご用意! 類似問題を繰り返し解くことで、出題バリエーションへの対応力がつくだけでなく、効率的な弱点補強ができます。

しかも設計製図試験はスピード&正確性勝負!

設計製図の試験時間は5時間ですが、これは決して余裕のある時間ではありません。

時間内に図面が完成していることは最低条件ですが、詳細な表現や構造の理解度を問われる問題も多く、時間切れになってしまうこともしばしば。
試験攻略には、「早く」「正確に」図面を描きあげる能力が必要です。

そのためには、作図のコツやポイントを正しく把握できる教材と、技術を体に覚えこませるための練習量がカギとなります。

そこでユーキャンは!

製図力をアップするDVD解説と、添削指導

目で見て描き方がわかる日建学院による製図添削

ユーキャンでは、設計製図専用のDVDが4枚ついています。 テキストだけでは理解しづらい箇所はもちろん、製図のコツやポイントも詳しく解説! 目で見て描き方がわかるので、上達も早まります。

また過去の出題分析をもとに作成したオリジナル製図課題も5回分ご用意! 添削は日建学院の全面協力のもと行います。製図に必要なポイントの把握やご自身の弱点・クセの克服もスムーズにできます。

学科対策と製図対策は、別々に申込みが必要ですか?

いいえ、別々にお申込みいただく必要はございません。ユーキャンの2級建築士講座は、学科対策から設計製図対策まで一貫してご指導する1コースのみです。このコースだけで、学科試験から設計製図試験までしっかり対策できます!

相手を知れば、あとは攻略するのみ。武器となるのは良質な教材! 試験攻略のための教材をチェック!

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)! 営業のお電話はいたしません

資料請求(無料)