2級建築士

受験資格について

資料請求(無料)

2級建築士試験には、厳密な受験資格があります

2級建築士試験は、どなたでも受験できるわけではありません。ご自身が受験可能かどうか、必ずご確認ください。
受験資格には学歴と実務経験とがあり、大きく以下の規定のいずれかを満たす必要があります。
また、平成20年11月28日施行の建築士法の改正により、「学歴要件」と「実務経験要件」が変更されています。
詳しくは、「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にて、必ずご確認ください。

  • 学歴を満たしている場合、必要な実務経験期間を満たしていること
  • 学歴を満たしていない場合、実務経験が7年以上あること
  • 建築設備士であること

2級建築士受験資格 学歴要件

「学歴要件」については、従来の「所定の学科を卒業」という要件から、「国土交通大臣が指定する建築に関する科目を修めて卒業」という要件に変更されています。
学歴要件についての詳しい情報を、事前に必ず「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にてご確認ください

平成20年度以前に入学した場合

法施行時にすでに所定の学校を卒業していた方、または在籍中の方については、経過措置として従来の学歴要件が適用されます。「大学・高等専門学校・高等学校等で、土木課程・建築課程を卒業している方」「都道府県知事に特に認められた方」が該当します。また学歴によって、必要な実務経験期間が異なります。

平成21年度以降に入学した場合

平成21年度以降(法施行日以降)に入学した方は、学校種別と課程だけでなく、指定科目の単位数によって、必要な実務経験期間が異なります。
ご自身が卒業された学校種別に応じて、「指定科目の総単位数を満たせているか」「指定科目の分類ごとの必要単位数を満たせているか」「修得した開講科目の単位が、指定科目に該当しているか」等、学歴要件についての詳細な規定があります。


2級建築士受験資格 実務経験要件

「実務経験要件」については、従来は「建築に関する実務」という形で、幅広い実務が対象になっていましたが、建築士法の改正により、「設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務」に限定した要件に変更されました。

法施行日前(平成20年11月27日まで)における実務経験については従来の実務経験要件が、法施行日以後(平成20年11月28日から)の建築実務の経験については新しい実務経験要件が適用されます。また、法施行日前の実務経験は、法施行日以後の実務経験期間に合算されます。

建築実務として認められる業務要件、および算定期間等については、細かい規定があります。ご自身の実務経験の有無を、必ず事前に「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にてご確認ください。


受験申し込み時に必要な提出書類

受験申し込みの際には、ご自身の受験資格を証明する書類を、申込書に添えて提出する必要があります。
受験申し込み書の提出時期は、おおよそ4月上旬ですが、書類を揃えるのに時間がかかる場合もありますので、事前の確認をおすすめします。

詳細は、「公益財団法人 建築技術教育普及センター」にてご確認ください。

受験資格を満たせない方にも、目指せる資格があります!

「家や間取りに興味がある、部屋の模様替えが好き、でも残念ながら2級建築士の受験資格を満たせない」といった方でも取得できる資格があります! 受験資格不要、どなたでも受験できます

  • インテリアコーディネーター
    快適な生活環境を提案する「住まいのスペシャリスト」。リフォーム需要により活躍の場も拡大中

  • 宅地建物取引士
    土地や不動産の取引業務に不可欠な国家資格。不動産取引業界では高く評価され、就職・転職に有利!

  • 福祉住環境コーディネーター
    高齢者や障害のある方に「暮らしやすい住環境」を提案するスペシャリスト。福祉・医療分野など幅広く活躍可能

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)! 営業のお電話はいたしません

資料請求(無料)