2級建築士

2級建築士とは

資料請求(無料)

素敵な建物・憧れの家 すべては建築士の手から生まれる

建築全般を手掛けられる、設計・工事監理のスペシャリスト

建築士は、建築全般を手がけられる国家資格。建物は人の生活にとって外せない要素だからこそ、いつの時代も必要とされます。

2級建築士は、主に木造やコンクリート造、鉄骨造の戸建住宅の設計・工事監理から完成後のアフターケアまでをトータルコーディネートする、まさに建築のスペシャリストです。


2級建築士にしかできない仕事。だから強力な武器になる!

建物の設計と工事監理において、扱うことのできる建物の範囲は法律で定められています。
例えば木造建築であれば、3階以上の建物や、延べ面積が300平方メートルを超える建物は、2級建築士・1級建築士の名称がないと扱えません。

つまり建築士の資格は業界必須。だからこそ就職・転職でも強力な武器になるのです。


建築士はさまざまな場で必要とされる

建築士は建物のプロ。だからこそ、建設会社・工務店・住宅メーカー・建築設計事務所・不動産会社・官公庁など、活躍の場はさまざまです。
求人条件に「2級建築士」と書いてあることもよくあり、優秀な人材は多くの企業で必要とされています。

建設会社・工務店・住宅メーカー・建築設計事務所・不動産会社・官公庁など、活躍の場はさまざま

建築士のニーズは安定している!

国土交通省「建築着工統計調査2012年度版」より

2級建築士は主に木造やコンクリート造、鉄骨造の戸建住宅を取り扱いますが、グラフのとおり分譲住宅などの着工数は比較的安定しています。

また、新設住宅はもちろんのこと、昨今のリフォームニーズの増大もあり、2級建築士のニーズは途切れることなく安定しています。

知識はプライベートにも広がる

得た知識はプライベートでも活かせます。たとえば、「マイホームを設計したい」「将来家をリフォームしたい」といった夢もグッと近づきます。

建築士の知識が活かせる場は、仕事だけにとどまりません。

2級建築士の資格を取ると、具体的にどんな良いことがあるの? 2級建築士資格取得のメリット

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)! 営業のお電話はいたしません

資料請求(無料)