行政書士

資格・検定試験ガイド

資料請求(無料)

頑張った努力は、裏切らない!

法律の初学者でも、十分狙える資格

司法書士、弁理士、税理士など、他の法律系の資格と比べると合格しやすい資格といえます。

きちんと学習すれば、法律の初学者でも十分狙える資格です。

初学者78%のユーキャン。法律の勉強が初めてでもOK!

的を絞って効率の良い勉強方法さえ心がければ、法律の初学者でも十分合格を狙えます。

ユーキャンの受講生は78%が初学者ですし、基礎から効率よく合格を目指すことができます。

※このデータは、平成27年内に当講座の受講を開始した方々へのアンケートに回答された方の数値です。

マークシート中心。60%正解で合格!

試験はマークシートが中心です。

各科目ごとの基準点をクリアした上で60%正解すれば、原則として人数制限なく合格になります。

※合格基準については、問題の難易度を評価し、補正が加えられることもあります。

試験時期 11月の第2日曜日(毎年1回)
受験資格 受験資格の制限なし。どなたでも受験できます。
試験科目 法令等:憲法、行政法、民法、商法、基礎法学の中から46問出題
一般知識等:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解から14問出題
受験手続 試験日の4ヵ月位前に試験要項が発表され、一般財団法人行政書士試験研究センター等に試験案内を請求し、申込みます。
受験料 7,000円
資格の有効期限 一生有効 (行政書士登録申請に、期限はありません)
  • 詳細な情報は一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページでご確認ください。
  • 公務員として一定の期間以上行政事務を担当した方等は、試験を受けなくても行政書士になれる場合があります。
試験が難化しているというのは本当ですか?

近年、試験が難しくなる傾向がありますので、早めの受験・取得をおすすめしています。


行政書士の資格は、就職や転職にも役立ちますか?

はい。行政書士の資格を持っていればさまざまな法律の知識を持っていると評価されることがあるため、就・転職の際にもアピールできます。また、難関資格の取得にむけて努力したこと自体も評価される可能性があります。

試験範囲が広いので、合格のコツは「絞る」こと

出題範囲が広いので、全体をまんべんなく学習していてはムダが多くなります。

満点を取る必要はないので、基本をおさえたあとは、試験でよく出る分野に絞って勉強することが合格への近道!
ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

試験攻略のポイントは?

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する