行政書士

他の資格との違い

資料請求(無料)

行政書士は、独占業務を行う「国家資格」です

資格には、国が認める「国家資格」と、民間企業や団体が認める「民間資格」があります。行政書士は、国家資格の中でも独占業務が認められている(その資格を持っている人しか扱えない仕事がある)資格の1つです。

難易度の違いは? 〜 合格者数を比較

行政書士は、他の法律系の国家資格と比べると、比較的、合格しやすい資格といえます。準備すれば、法律の初学者でも十分狙える資格です。

調和と真心を意味するバッジをつける、法律の専門家

行政書士になると、コスモスの花弁の中に「行」の字をデザインしたバッジを取得できます。

行政書士のバッジは、調和と真心を表しており、誠意を持って国民と行政をつなぐ法律の専門家であることを意味しています。

行政書士の資格は、就職や転職にも役立ちますか?

はい。行政書士の資格を持っていればさまざまな法律の知識を持っていると評価されることがあるため、就・転職の際にもアピールできます。また、難関資格の取得にむけて努力したこと自体も評価される可能性があります。

行政書士は受験資格なし! どなたでも受けられます

行政書士の資格試験は、年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、どなたでも受験できます。

実務経験も必要ないので、まったくの初学者からでも安心して挑戦できます。

試験について詳しく教えて!

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する