社会保険労務士(社労士)

就・転職、キャリアアップに!
(勤務社労士)

資料請求(無料)

まだまだ社会保険労務士は不足中!

現在、企業は410万社、労働者は6,300万人いると言われています。これを社労士の人数(約3万8千人)で割ると、社労士1人あたり、企業108社、労働者1,700人をサポートする計算になります。この計算からも社労士1人にかかる負担はとても大きく、不足していることがわかります。
(総務省 統計局 平成26年)

時代に求められる資格だから評価も高い! 就・転職に有利に!

社労士は少子高齢化、年金・介護保険制度の不安などから社会的ニーズがあり、企業から評価される資格です。そのため有資格者は就・転職の際に有利に働き、企業の人事・総務部などで活躍することができます。

また、社内の立場を活用して人脈作りもできるため、将来の独立・開業も目指せます。

総務関係の仕事に就職できました。

資格取得後に就職活動をしまして、ほどなくして総務関係の仕事に就くことができました。就職活動では、前職での経験に加えて社労士の資格もアピールできたので良かったです。面接でも良い印象を持ってもらえたと思います。

(20代・男性)

社内のキャリアアップにも有効!

現在、人事や労務、総務関係の仕事に従事している人にとっては、学んだ知識が日常の業務に直結します。仕事の理解度が増したり、仕事の幅も広がり、社内の人だけでなくお客様から大きな信頼を得ることができます!

ユーキャン受講生の中でも、「人事・労務、総務」関係の仕事に従事していて「自己啓発」「キャリアアップ」のために取得する方がたくさんいます。

また、管理職の方が就業規則、労働条件といった知識を身につけるために資格取得を目指すケースもあり、さまざまな方に人気の資格です。

お客様に自信をもって年金のアドバイスができるようになりました。

年金関連の窓口で働いているのですが、窓口にいらしたお客様に対して、自信と余裕をもって対応できるようになったと思います。長年培った経験もとても大事だと思いますが、資格といった形になったものを手にできたことは、大きな自信になっています。その自信で対応できることは、とても大きな変化だと思います。

(40代・男性)

試験はマークシート方式で解答しやすい!

社労士試験は、合格定員が決められている試験ではないので、合格基準点以上を取れば、順位に関係なく誰でも合格となります。また、試験は全てマークシート方式なので比較的解答しやすいと言えます。

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する