宅地建物取引士(宅建士)

効果的な学習方法

資料請求(無料)

カギは、過去問の徹底的な攻略!

宅建士合格のカギは、重要過去問の徹底的な攻略につきます。なぜなら、例年の宅建試験の出題の7〜8割は、過去の本試験で出題されたことのある内容と重なっているから。また、本試験でのひっかけパターンや問われ方を最も効果的に知ることができる素材としては、過去問がベストだからです。
とは言っても、いきなり過去問から入ってしまっては、やはり難しいですよね。ここでは、学習のスタートから試験直前までを3段階に分けて、段階別に効果的な学習方法についてお教えいたします!

1.基礎固め段階の学習

まずは宅建試験で学習する内容の全体像をつかむ必要があります。そのためには、過去に頻出している内容がわかりやすく説明された教材に、ざっと目を通すのがおすすめ!

ユーキャンなら!

ユーキャンの宅建士講座では、「基礎テキスト」を使って試験の全体像をつかんでいきます。「基礎テキスト」は、生の講義を受けているのと同じような臨場感をもって、過去に出題された内容のエッセンスを学習できるようになっています。また、日常では使わないような言葉で書かれた法律の内容を、講師が教室で語るようなふつうの言葉に噛み砕いてわかりやすくご説明。これに沿って学習を進めていけば、ポイントをついた学習をすることが可能です!

2.実戦力養成段階の学習

1の基礎固め段階に、多くの時間をかけすぎてはいけません。宅建試験対策のカナメは、あくまでも過去問演習だからです。基礎固め段階の学習が終了したら、すぐに徹底的な過去問の学習に入りましょう

ユーキャンなら!

当講座でご用意している「過去問で鍛える!実戦テキスト」は、出題される可能性が高い過去問を厳選して取り上げています。このテキストを活用すれば、ムダな時間を使うことなく、実戦力養成段階の学習を進めることができます。過去問を繰り返し解いていくことによって、合格できるレベルまで理解を深めることができます。

3.総復習段階の学習

本試験直前期の学習では、実戦をにらんだシミュレーションと弱点の発見・克服が不可欠です。そこで、総復習段階の学習では、本試験と同じレベルの問題を時間内に解く訓練をしていきましょう。

ユーキャンなら!

「添削課題集(模擬試験)」を使って、2時間以内に解ききる練習を行います。
弱点を発見した場合は、「基礎テキスト」などに立ち返って、本試験までに弱点をつぶしておくことも必要です。
また、知識が整理されたまとめ教材「必須ポイント100」も、本試験当日までフルに活用しましょう。
これだけの準備をすれば、本試験では鬼に金棒、まさに怖いものなしです!

何か資格を…と思ったらまずは宅建士!

宅建士は、その取りやすさから、初めて学ぶ人にピッタリな「資格の登竜門」です。宅建試験の学習で身につけた法律知識は他資格の取得の際に役立つ上に、宅地建物取引士の仕事は他資格の業務とも関連するため、取得後の仕事の幅も拡がります。

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する