宅地建物取引士(宅建士)

お仕事レポート

資料請求(無料)

ある宅地建物取引士(女性)の方の、とある1日をご紹介します!

8時出勤

幼い子ども2人を近所の保育園に預けた後、最寄駅から電車で30分、まちの中心にある不動産屋さんに出勤します。

9時開店準備

出社後すぐに、今日1日の予定と社内外から受信したメールを確認します。その後、スタッフ全員で店舗を清掃し、店長を中心に朝礼。今日も気合が入ります! さらに、開店までに、他のスタッフの外出の予定や担当する契約の予定をお互いに確認します。

10時オープン〜接客・物件案内etc.〜

開店後は、ご来店されたお客様の希望条件をお伺いし、ご希望に沿った物件の情報を探します。今朝ご来店されたのは、入籍を控えた初々しいカップル。ご希望どおりの賃貸マンションが3件見つかり、さっそく各物件を車でご案内します。幸い、最後にご案内した日当たりのよい物件をお気に入りのご様子で、いきなり本日午後に、当社の仲介でご契約していただけることになりました!

12時ランチ

お昼当番を店舗に残し、ランチタイム。仲間とのおしゃべりに興じつつも、午後の契約のことが頭の片隅に…。さあ、がんばらないと!

13時ご契約〜重要事項の説明etc.〜

午前中のお客様が、契約のため、再度ご来店されました。さっそく、賃借人となるお客様に、重要事項の説明を行います。私たちが「重説」と呼んでいるこの物件説明と重要事項説明書への記名押印は、宅地建物取引士だけしかできない大切な仕事です。説明の際に宅地建物取引士証を提示すると、「すごい!」とお客様が声を合わせます。お客様も安心されたのか、物件の詳細についてすぐに納得され、スムーズに契約していただくことができました。若いお二人がホッとした顔でお帰りになったのが印象的でした。

15時物件のお問合せへの対応

以前、マンションを借り上げて社宅にしたいとお問合せをされた法人企業様へ、ご希望に沿う物件が見つかったことをご連絡します。大きな取引になりそうで、わくわくします

16時アパートのオーナー様へのご報告

当社に物件の管理と賃貸の仲介を任せていただいているアパートのオーナー様に、空室の募集状況のご報告をします。大学の入学時期を前に急に2部屋埋まり、オーナー様も大喜び。この調子で全室埋まるといいなぁ!

17時明日以降の契約の準備

契約待ちの重要事項説明書や契約書を作成し、内容をチェックします。
最後に、日報をパソコンに入力して、上司へ1日の報告をします。これで私の今日のお仕事は終了! お疲れ様でした! これから保育園へ、子どもたちのお迎えにいってきます。

宅建士は、不動産業の切り札となるエキスパート資格!

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格。不動産が資産として重要視される日本において、常にニーズが高く、数ある国家資格の中でも抜群の知名度と活用度を誇っています。その理由は、宅建士資格取得者なしには、不動産業者が宅建業を営むことはできないから。仕事で活かすことができ、就・転職の武器にもなる、人気の高い国家資格です。

従業員の5人に1人は宅地建物取引士!

宅建業者(いわゆる不動産屋さん)では、事務所ごとに従業員の5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を置くよう、法律で義務付けられています(設置義務)。宅建業界において、有資格者はまさに必須の存在。宅建士資格は就職・転職の際の強力な武器となります。

カリキュラムを見たい方は資料請求(無料)!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する