司法書士

他の資格との違い

資料請求(無料)

努力次第で高収入! 独立・開業が目指せる司法書士

「司法書士」の一番の魅力は、社会的ステータスも非常に高く、高ニーズであり、努力次第で高収入が得られる、という点。
難関資格といわれる司法書士だからこそ、資格取得後のメリットが大きく、チャレンジする価値のある資格なのです。

難易度の違いは? 〜 合格者数を比較

司法書士は、数ある国家資格のなかでも難易度が高い資格といえます。しかし、合格への道が厳しいからこそ、資格取得をした先には、高い需要や報酬、ステータスを得る可能性も見えてきます。

司法書士と行政書士の専門分野はここ!

司法書士と行政書士はともに法律系の国家資格であり、それぞれに専門性の高い業務を行います。ですが、難易度としては司法書士のほうが難しく、またその業務内容にも大きな違いがあります!

  • 専門分野の業務を行うためには、司法書士、行政書士の資格を取得をする必要があります。ご注意ください。
司法書士と行政書士のどちらにしようか迷っています。

ともに法律系国家資格であり、独立開業が狙える資格でありますが、一般的に司法書士のほうが難易度が高いといわれています。また、実際の仕事内容も大きく異なりますので、ご自身が「どちらの仕事をよりやりたいか」についてよく考えることをおすすめします。

既にこの資格をお持ちなら…司法書士でさらに活躍!

すでにこれらの資格をお持ちなら、司法書士を取得すると活躍の場がもっと広がります!


宅地建物取引士

司法書士業務のなかでも比重の高い、不動産登記業務。不動産取引のエキスパートである宅建士とのダブル資格は非常に強みに! 試験では民法と不動産登記法が共通科目!


行政書士

司法書士として例えば会社設立の申請を行う際、設立登記を行います。さらに行政機関に書類を提出する必要がある場合には、行政書士が書類を作成するので、登記申請から書類作成まで業務を一貫して行うことができ、独立開業の強みに!


社会保険労務士

人事・労務・年金のエキスパートである社会保険労務士とのダブル資格なら、会社設立時の登記申請だけでなく、その後の労務コンサルタントとして企業と長い付き合いも生まれる可能性大!

司法書士資格…。やっぱり試験は難しい?

取得すれば独立開業ができ、高収入や高いステータスを狙える司法書士。実は受験資格不要で、だれでも挑戦可能です!

カリキュラムを見たい方は、資料請求(無料)!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する