中小企業診断士

中小企業診断士とは

資料請求(無料)

国が認める唯一の経営コンサルタント資格です

中小企業診断士は、経営コンサルタントとして唯一の国家資格で「日本版MBA」ともいわれています。
業界・職種に共通して当てはまる、“企業が売上を伸ばし、コストを削減し、利益を上げる”ための適切な提案をするのが仕事で、社会的に高く評価されています

学んだ知識が即ビジネススキルに!

資格取得の過程で学ぶことは、そのまま実務に直結!
中小企業診断士の試験範囲は、販売、会計、財務、マーケティング、生産管理と、大学の経営学部などで学ぶ内容を網羅しています。あらゆる業種で、学んだそばから実務に活用できます!

「経営関連の知識を磨き、自己のビジネススキルを高めたい」「経営者的視点を身につけたい」という方にぴったり!

あなたを待つのは、幅広い活躍の場!

中小企業診断士の資格取得者には、お祝い金や資格手当を支給する企業があるほど。昇進の際に有利に働くことがあるとも言われます。
資格取得を通じて学んだ幅広い経営知識を基に、様々なビジネスシーンで活躍できる存在に!


中小企業診断士の資格保持者は、あらゆる業種の企業、部門においてリーダーとして好待遇で迎えらえる傾向があります。また、事業会社だけでなく、コンサルティング会社への転職も!
経営に精通したエキスパートとして活躍できる可能性が広がります!


企業が主催する社内研修やセミナー、講演会などで講師として専門知識を生かした活動が行えます。また、雑誌や著書、メールマガジンなどで情報発信することで、人脈を広げることも可能です。
活躍できるフィールドは、ますます広がります

中小企業診断士は、極端な人材不足

全国の会社数は160万社以上(そのうち9割は中小企業)に対し、中小企業診断士の数はわずか18,000名程度。人材不足の解消を視野に、2006年度の試験より科目別合格制が適用され、受験のハードルが下がっています。

人材不足の今こそが、資格取得チャンスなのです。

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細