ビジネス実務法務検定(2級・3級)

こんな方におすすめ

資料請求(無料)

ビジネス実務法務検定は、企業からの注目度が高いのが大きな魅力!
事実、多くの企業が採用時の評価基準に採用したり、社内教育として取得を奨励しています。業種・職種を問わず、全てのビジネスパーソンにおすすめの検定です。

就職活動中の方

ビジ法(R)の資格取得を社員に奨励する企業が増えている今、資格があればアピール効果大! 企業が求める人材として、ライバルに差をつけられます。

製造・サービス・金融・不動産…どんな業界でも役立つ、取っておいて損のない資格です。

キャリアアップを目指す方

正しい法律知識があれば、リスク管理や業務上の判断が適切にできます。安心して仕事を任せられる人材として、社内での信頼と評価がアップ!

ビジ法(R)の資格取得を昇進・昇格の判断材料にしている企業もあり、キャリアアップにおおいに役立ちます。

就活を控えた学生の方

学生のうちに取得すれば、コンプライアンス意識の高さをアピールでき、採用選考でも好印象間違いなし!

社会人として知っておくべき法律知識が広く身につき、業界を問わず役立つ、狙い目の資格です!

管理職の方・部下を持つ立場の方

業務上の判断や書類の決裁するにあたり、正しい法律知識は欠かせません。責任ある立場として、ぜひ2級まで取得しておきたいところ。

裏付けとなる知識を備えていれば、マネジメントにも自信が持てます!

3級と2級はどう違うの?

各級のレベルは以下のように設定されています。

【3級】
ビジネスパーソンとして、業務上理解しておくべき基礎的法律知識を持ち、 問題点の発見ができる。

【2級】
質的・量的に法律実務知識を持ち、弁護士などの専門家への相談など一定の対応ができる。
 
3級・2級ともに受験資格はなく、学生・社会人を問わず誰でも受験できます。
なお、大きな傾向として3級は民法2級は商法・会社法からの出題が主になります。特に社会人の方には、ビジネスに深く関わる法律知識が得られ、企業からの評価もより高い2級まで取得されることをぜひお勧めします。

閉じる

営業・企画・販売部門の方

企業間でさまざまな取引・契約を交わす上で、ビジネスに関する法律の知識は必須です!

民法や商法の知識を備えていれば、取引上のリスクを回避でき、スムーズに仕事を進めることができます。

お客様対応部門・接客業の方

大切なお客様への対応は、企業の信頼に直結します。些細なミスが大きなクレームに発展することも…。

企業として守るべき法律の内容をきちんと理解していれば、トラブルが起きても適切な対応ができます。

1つでも当てはまった方は資料請求(無料)を!

  • 上に挙げた職種はほんの一例です。上記以外にも、法務・総務・財務・経理・人事などさまざまな部門で、ビジ法(R)の知識がお役立ていただけます。

4ヵ月で3級・2級ダブルの合格力! 詳しくは無料の案内資料で

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細