調理師

資格・検定試験ガイド

資料請求(無料)

調理師試験は比較的簡単で受かりやすい!

調理師試験は、資格を取得して得られるメリットが多い割には、解答がしやすく合格率も高め! 狙い目な試験です。

マークシート形式の筆記試験

試験は筆記試験(ペーパーテスト)のみで、実技や実習はありません!
また全てマークシート形式(4択式)なので解答しやすい!


合格ラインは60%以上の得点でOK!

全科目の合計で60%以上の得点が合格の目安と言われています!
また、定員制試験ではありませんので、合格ラインに達すればどなたでも合格することができます。

※1科目でもその平均点を大きく下回る場合は、不合格となる場合があります。

ユーキャン受講生の82%が初学者!

ユーキャンの受講生のなんと82%は調理師試験の学習が初めて! 予備知識ゼロからのスタートでも、十分合格できます。

※このデータは、平成26年内に当講座の受講を開始した方々へのアンケートに回答された方の数値です。

受験には実務経験が必要です。パートやアルバイトでもOK!

調理師試験には受験資格があり、以下の職種で2年以上調理業務に従事したことの証明書が必要となります。パートやアルバイトでも、週4日以上かつ1日6時間以上勤務している場合はOKです!

※受験資格についての詳細は各都道府県の担当課、または保健所までお問合せください。

2年以上の実務経験は、1つの飲食店で満たしていないといけないのでしょうか?

ご安心ください! 過去に働いていた飲食店での実務経験を合算してもOKです。
例えば以前別の飲食店で1年半の実務経験があり、現在の職場で半年以上の実務経験があれば問題ありません。

※その場合、過去の職場ごとに実務経験を証明する必要があるので、実務経験証明書は職場分用意する必要があります。

試験は複数の都道府県でかけもち受験可能!

試験は例年6月〜11月に都道府県ごとに実施されます。また、複数都道府県でのかけもち受験も可能ですので、例えば東京都で受験後、神奈川県などで再チャレンジをすることもできるのです!

試験時期 例年1回、各都道府県で行われ、どこでも受験できます
※神奈川県では年2回行っています。
受験資格 原則として、中学校卒業以上で、2年以上調理の実務経験がある方なら受験できます。
試験科目 1.調理理論
2.食品衛生学
3.公衆衛生学
4.栄養学
5.食品学
6.食文化概論   の6科目
試験形式 筆記試験(全て四肢択一のマークシート方式)
合格ライン 全科目の合計で60%以上の得点が合格の目安。
※1科目でもその平均点を大きく下回る場合は、不合格となる場合があります。
受験料 各都道府県にお問い合わせください。
問合せ先 受験を予定している各都道府県の担当課または保健所
※2016年度試験から、「衛生法規」の内容は他科目に分離され、6科目での試験実施となります。
試験に合格すれば調理師免許がもらえるの?

試験合格後に、各都道府県に申請をすることにより、調理師免許証が交付されます!

※申請には申請料金がかかります。

試験に合格する以外に調理師になる方法はありますか?

調理師試験に合格する以外に、「厚生労働大臣の認可した調理師養成施設を卒業する」ことで調理師免許が取得可能です。

※学校卒業後に各都道府県に申請をする必要があります。

ユーキャンなら勉強が苦手な方、お忙しい方でも安心!

ユーキャンの調理師講座では、初めて学習する方のことを考え、テキストでは専門用語も初歩の初歩から丁寧に解説
また1日の学習は約60分でOKです!
勉強が苦手な方やお忙しい方でもムリなく続けられますので、ご安心ください。

資料請求

資料請求(無料)

コンシェルジュに質問する