調剤薬局事務

医療事務との違い

受講お申込み

医療・福祉分野の2大人気資格である調剤薬局事務と医療事務。
どちらも医療系の職場で活躍する事務系のお仕事ですが、どのような違いがあるのでしょうか?
調剤薬局事務を医療事務と比べたときの違いをわかりやすくご紹介します!

働く場所が違う!

調剤薬局事務の職場は調剤薬局ですが、医療事務は、主に病院で働きます。
調剤薬局事務と医療事務、どちらも人の役に立てるやりがいのある仕事ですが、どこで働きたいかによって、必要な技能が変わってきます。

医薬分業が定着してきています!

「診察や治療は医療機関が行い、薬の調剤は調剤薬局が行う」。これが医薬分業です。
病院では処方せんをもらい、実際に薬を受け取るのは調剤薬局、というように役割が分担されているのです。

扱う学習範囲が違う!

調剤薬局事務が扱うのは「薬剤」の分野のみ。

学習範囲が限定されていますので、難易度はそれほど高くなく、初めて学ぶ方が無理なく身につけられる技能です。

調剤薬局事務講座のメインテキストはたったの2冊!

調剤薬局事務の学習範囲が薬剤の範囲に限定されているのに加え、ユーキャンでは効率的に必要な内容だけに絞り込んでいるため、メインとなるテキストはたったの2冊! 短期間で効率的に「調剤事務管理士(R)」合格が狙えます。

ダブル習得を目指す方も!

調剤薬局事務と医療事務、どちらも習得すると、その分働ける職場も増え、就職にも有利になりますから、ダブル習得を目指す方もたくさん!

調剤薬局事務はどんな人に向いていますか?

調剤薬局事務は学習の範囲も限定されており、初心者の方にも取りやすい資格。就・転職に役立つ専門技能を“手軽に”身につけたい方におすすめです。

今すぐお申し込みを!

受講お申込み

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する