行政書士

行政書士とは

資料請求(無料)

依頼人をサポートする法律のプロ

行政書士は、弁護士や司法書士のような法関連の国家資格

行政書士は、弁護士、司法書士などのように、法律を扱う国家資格です。

中でも、業務独占資格と呼ばれ、医師などと同じで資格を持っていないとできない業務を特に行うことが許されます。

調和と真心を意味するバッジをつける法律の専門家

行政書士になると、コスモスの花弁の中に「行」の字をデザインしたバッジを取得できます。

行政書士のバッジは、調和と真心を表しており、誠意を持って国民と行政をつなぐ法律の専門家であることを意味しています。

法改正で職域がますます広がっています。

行政書士は、年々業務範囲が広がりつつあります。
官公署提出書類の提出手続きの代理や、契約書などの書類を代理作成することはもとより、法務コンサルタントとしても大きな期待が!
また消費者庁の創設にともない、今後さらに「身近な街の法律家」として活躍の場がさらに広がる可能性もある、将来性のある資格です。

依頼人をサポートする法律のプロ

法律を知らずに損をしている人たちを、法律の知識で助けることができます!

扱える書類は数千種類以上あり、幅広く活躍できます。

主に下記の4つの業務があります。

  • 書類作成業務
  • 書類提出手続き代理業務
  • 契約書等代理作成業務
  • 相談業務

独立・開業できることが強み

国家資格でもある行政書士は、独立・開業することができます。

会社に勤めることなく、手に職を持って、自分のペースで生活することができるのです。

上司にも会社にも縛られず、自分の思うように仕事をすることができます。

もちろん、就・転職にも有利!

行政書士の資格を持っていれば、法律の知識を持っていることの証明にもなるため、就・転職の際にもアピールできます。

また、難関資格の取得にむけて努力したこと自体も評価される可能性があります。

法律知識で安心! (例:押売りは、6ヵ月以内まで取り消し可能)

法律の知識がないと、知らないうちに損をしていることがあります。

例えば、訪問販売などで居座られて契約を結ばされた場合も、消費者契約法の規定では、その後6ヵ月以内であれば契約を取り消し可能! 法律を知っていれば、いざというときも落ち着いた対応を取ることができますね。

資格の活用方法は人それぞれ!

就職活動、キャリアアップ、独立、定年後の保険…
国家資格という「手に職」があれば、いざというときも安心です。

一度取得した資格は生涯有効なので、
老若男女問わず幅広い世代から指示されています!

行政書士はどんな人におすすめ?

カリキュラムを見たい方は資料請求!

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する