みんなの「あるある」試験失敗体験談

いよいよ、試験当日! 自分が勉強してきたことを、全て発揮したいところです。でも、中には実力を発揮しきれなかったという人も・・・そんな失敗に陥らない為に、過去の失敗体験談と陥らない為の対策をまとめました。

試験の申し込み期限に間に合わず、受けられなかった・・・。

失敗その1

プロからのアドバイス

第二種電気工事士の願書受付期間は、上期試験は3月中旬〜4月初旬、下期試験は6月中旬〜6月下旬と短期間。ユーキャンでも受付時期に受講生に連絡は入れていますが、受付期間がきたら、すぐに申し込みの準備をしてください。

会場に行く途中に道に迷って大遅刻。焦ってテストの結果も散々・・・

失敗その2

プロからのアドバイス

試験は年2回開催されます。とはいっても、油断して遅刻で実力を発揮できないのは勿体ありません。余裕があれば会場の下見をしておいてください。また、事前に試験会場のアクセスは必ず調べておきましょう。

長時間の試験なのに、まさかの時間切れ・・・

失敗その3

プロからのアドバイス

満点を狙う必要はありません。合格基準点はあくまで6割得点。分からない問題があれば、割り切って飛しましょう。自分の解ける問題を先に解き、残った時間で難しい問題に取り掛かるのも合格のコツです。

マークシートを書き間違えてしまい、大幅に時間をロス。

失敗その4

プロからのアドバイス

マークシートはまとめて塗るのではなく、こまめに塗ることを心がけてください。書き間違えは減りますし、結果的に効率的なわけです。急いでもいいことはありません。

初めての試験でどうも落ち着かないし、ひどく緊張してしまった

失敗その5

プロからのアドバイス

試験当日のプレッシャーに負けないように、早め早めに行動してください。30分〜1時間ほど余裕を持って会場につくことができれば、かなりのアドバンテージになります。あまり緊張しすぎない状態で試験に挑むように。

試験で失敗しないために…

第二種電気工事士試験はきちんと準備すれば、合格が狙いやすい試験です。
ただし油断は禁物。技能試験の制限時間は40分しかないため、何も対策しないでいると、あっという摩に時間は過ぎてしまいます。
ユーキャンなら技能試験に向けて、受講生の方が作った施工物も添削指導! 独学にはない現物の添削指導がケアレスミスを防ぎ、スキルアップに役立ちます。