電気工事士(第二種)

第二種電気工事士とは

資料請求(無料)

第二種電気工事士は、日常生活に不可欠な専門技術者

住宅や店舗など600V以下で受電する設備の新築・増改築時に、配線図通りに屋内配線を行い、コンセントの設置やアース施工などを行うのが、電気工事士の仕事です。
これら電気工事の作業は法律で基準が定められており、有資格者でないと行うことができません

スペシャリストとして、安定した収入が期待できる!

有資格者のニーズが高いのも魅力! 専門技能のある人材として、活躍の場は広く、安定した収入が期待できます。

一国一城の主として、独立開業の道も!

実務経験を積んで独立・自営目指す道も。定年後の対策をお考えの中高年の方にもぴったりです。

どなたでも受験できます。受験資格はありません。

第二種電気工事士試験は大きく門戸が開かれており、年齢・性別・学歴・実務経験の有無などの制限がなく、どなたでも受験できます。

資格を取って、世界が広がった!

仕事とは全く関係がないんですが、知り合いにこの資格を持っている人がいて、面白そうだなと。将来に備えて、転職も視野に入れながら勉強を始めたんです。
この資格を取ったことで、世界が広がったという感じがします。受講して、資格を手にできたことは良かった。子どもたちに、大人になってもやる気さえあれば何でもできるということを親として示せたことも、本当に良かったです。
(40代・男性)

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細

一括払い

63,000
(税込み・送料当社負担)

教育訓練給付制度
(一般教育訓練)対象

本科コース(筆記+技能試験対策)の金額です。

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申込み