福祉住環境コーディネーター

お仕事レポート

資料請求(無料)

バリアフリーへのリフォームで暮らしやすい住まいに!

バリアフリー住宅へのリフォームや新築におけるコーディネートをします。

その人に合った福祉用具をアドバイス!

車いすや介護用ベッドなど、福祉用具を選択し、利用方法をアドバイスします。

福祉に関する情報提供も大事なお仕事!

福祉施設、住宅設備、助成金などについての情報提供を行います。

福祉住環境コーディネーターの仕事例:
一人ひとりに合った暮らしやすさを! 〜住宅リフォーム〜

Aさん「車いすはいらないけど、足が不自由で…。」「畳に布団を敷いて寝たいわ。」「夜トイレに行くことが多いです。」福祉住環境コーディネーター「こんな感じのリフォームはいかがでしょうか?」

1. 玄関

Aさんは足が不自由とのことなので、玄関には手すりを取り付け、段差を緩和する「式台」を設置します。

右手の方が力が入るようなので、特に下りの際に楽に動けるように、位置などを考えました。

2. 廊下

手すりの設置はもちろん、照明にも配慮!
夜、トイレに行きやすいように、照明スイッチは暗がりでも見つけやすい明かり付きで大きなものにしました。

寝室からトイレへの要所要所には足もと灯も備え付け、転倒防止にも注意します。

3. 寝室

Aさんにとって床からの立ち座りは困難ですが、「家では畳の上に布団を敷いて寝たい」とのこと。

そこで部屋の一角にあえて段差を大きくとった畳スペースを設けてみます。これで立ち上がりもラクラク!
緊急時に備えて、コールスイッチも枕元近くに。

4. 浴室

出入口は3枚引き戸に替えることで、幅広く開けられ使いやすくなりました。
脱衣室からの大きな段差は、洗い場全面にすのこを敷き詰めて解消!
浴槽への出入りが楽にできるよう、ベンチも置きました。

あなたの気配りが対象者の豊かな生活に直結!

ご自宅の住宅リフォームにも役立ちます!

福祉住環境コーディネーターの知識や考え方は、もちろんご自宅のリフォームにも活かせます
先の長いライフプランを見通した、有意義なリフォームが可能に!

仕事にも暮らしにも役立つ資格!…なのに取りやすい!

仕事はもちろん、自身の暮らしにも役立つ福祉住環境コーディネーターの資格。
使い道が広く、様々な業界で求められる有望資格ですが、実務経験などの受験資格は必要ありません。
初めての方でも取りやすい、福祉系の中でも狙い目資格なのです!

6ヵ月で2・3級ダブル合格が目指せる!

受講お申込み

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する