みんなの「あるある」試験失敗体験談

いよいよ、試験当日! 自分が勉強してきたことを、全て発揮したいところです。でも、中には実力を発揮しきれなかったという人も・・・そんな失敗に陥らない為に、過去の失敗体験談と陥らない為の対策をまとめました。

試験の申し込み期限に間に合わず、受けられなかった・・・。

失敗その1

プロからのアドバイス

社労士の願書受付期間は、4月中旬〜5月下旬と短期間。もちろんユーキャンでも願書受付直前に受講生には連絡していますが、4月になったら要注意です!

会場に行く途中に道に迷って大遅刻。焦ってテストの結果も散々・・・

失敗その2

プロからのアドバイス

年1回の試験です。遅刻で実力を発揮できないなんてないように! 余裕があれば会場の下見をしておくことをおすすめします。また、試験前に会場までのアクセスは必ず調べておきましょう。

長時間の試験なのに、まさかの時間切れ・・・

失敗その3

プロからのアドバイス

本試験は4時間50分とかなり長い。しかし、時間に余裕はありません。長文問題、事例問題、計算問題などが出題されるので、むしろ時間は足りないでしょう。さくさく解ける問題を先に解き、余った時間で難問にとりかかることをおすすめします。

マークシートを書き間違えてしまい、大幅に時間をロス。

失敗その4

プロからのアドバイス

マークシートはまとめて塗らず、できる限り1問ごとに塗りましょう。書き間違えるミスは減りますし、結果的に効率的です。とにかく落ちついて解答することが大切です。

初めての試験でどうも落ち着かないし、ひどく緊張してしまった

失敗その5

プロからのアドバイス

一生懸命勉強すれば、誰でも緊張するもの。いかに自分のペースを作るかが大切です。たとえば、他の受験生よりも会場に早く到着しておくだけで、自分のペースが作りやすく、大きなアドバンテージになりますよ。

試験で失敗しないために…

社労士試験は試験範囲が広く、突破のためには要点を押さえた効率的な学習が必要になります。ユーキャンならポイントをしっかり押さえた教材をはじめ、各種学習サポートをご用意しています。
2014年度社労士試験の全合格者の約10.8人に1人がユーキャン受講生です。たくさんの合格者を送りだしている実績がユーキャンにはあります。